さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

タコるく

初音ミクみく あさりよしとお氏や野尻抱介氏が原稿で初音ミクネタ!
↑最近ここからのリンクをたどって初音るくの記事へアクセスしてくる方が増えています。

以前に書いた記事にいまごろどうして?と思って調べてみたら、どうやらアフタヌーン4月号の「タコるく」の扉絵がらみみたいですね。

「るくるく」#89悪魔のピクニック 扉絵

たこルカとは (タコルカとは) - ニコニコ大百科

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ03 巡音ルカ MEGURINE LUKA
クリプトン・フューチャー・メディア (2009-01-30)
売り上げランキング: 263

るくるく 9 (9) (アフタヌーンKC)
あさり よしとお
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 護摩会〜

またタッチアップペンを買ってしまう

タッチアップペン

クロスバイクの補修用にタッチアップペンをまた買ってしまいました。

【SOFT99】タッチアップペン つや消し黒と、【SOFT99】タッチアップペン クリアーです。

「つや消し黒」はネットで購入。ホームセンターに行ったら「クリアー」があったのでそちらも買いました。「つや消し黒」もホームセンターにもありました。ホームセンターで買えば送料かからずにすんでますねorz。

タッチアップペンの「つや消し黒」に興味をもったのは、「ワイパーアームの塗装劣化の補修など、光の反射を防ぎたい部分に最適な筆塗りペイントです。」という説明文があったからです。これなら傷の入った黒のシートポストの傷が隠せて錆止めになるかな?と。
結果はオーライでした。

シートポスト

傷の入ったシートポスト

シートポスト

「つや消し黒」でタッチアップペイント。傷もペイントあともほとんどわかりません。
かなりいい感じで満足しています。

あとは「クリアー」。こちらは、赤の塗装がはがれて赤色のタッチアップペイントを施した部分に、「クリアー」タイプで上塗りです。赤の塗料をさらに保護するつもりでペイントしました。

近くで見るとシートステーの傷はそれなりにわかってしまいますが遠目にはいいんじゃないでしょうか。

傷をいれてしまったリアディレーラーの黒メッキの部分にも「つや消し黒」をペイントしたのはやりすぎだったかもしれませんが、こちらも塗った後がほとんどわからない仕上がりだったので、いいかな?と思っています。

それにしても、SOFT99を儲けさせすぎたような気がしなくも…。

前回、タッチアップペンの容器を傾けてリアディレーラーに赤い塗料をぶっかけ、さらにウエスにマイナスドライバーをつっこんでひっかいたりしなければ、ディレーラーのパーツのメッキが傷つく事はなかった訳で、まさにあれは二次被害でした。

今回の作業の一番の収穫は三次被害が発生しなかった事だったりするかもしれません。

「るくるく」アフタヌーン5月号で最終回、最終単行本第10巻は6月頃発売予定

「るくるく」がアフタヌーンの次号5月号で連載終了。
単行本は第10巻が最終巻で6月頃発売予定だそうです。

終わりそうだな、とは思いましたが、終盤に向けての展開がまだあるのかも?とも思っていました。
ワッハマン的展開を期待していた人も多かったんじゃないんでしょうか。

あさりよしとおさんの連載が終わってしまうのなら月刊アフタヌーンの定期購読は終わりですね。

COMICリュウは「アステロイド・マイナーズ」の連載がで始まったので定期購読開始。

ただ、2話まで読んだ限りでは…面白くなるのかどうかよくわかりません。
あえて野郎ばかりの話にしているのかもしれませんがもしかしたら3話からいきなり萌えキャラ展開になるのかも?

連載がつづく限りリュウも買い続ける事になると思います。

るくるく

るくるく 9 (9) (アフタヌーンKC)
あさり よしとお
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 護摩会〜

大垂水峠→相模湖→津久井湖

今日はクロスバイクで大垂水峠を登ってきました。大垂水峠は昔はローリング族が集まる場所でしたが、今は規制があるためかオートバイは一台も見かけませんでした。ロードバイクは何台か坂を登っていました。

当初は途中で自転車を押して歩く事になるのではないかと思っていたのですが、足をつかずに頂上まで登る事ができました。
そろそろ限界だと思いはじめた頃下り坂が視界に入ってきて、あれ?登れたんだと思いました。

大垂水峠を下って相模湖で休息し津久井湖経由で帰宅。
津久井湖方面にも上り坂が多く結構な運動になりました。

走行ルート(キョリ測)

大垂水峠を引き返すのはきついと判断して、津久井湖経由で高尾を一周。
クリックすると走行ルートが赤線で表示されます。

国道20号線

相模湖まで12km。

大垂水峠

大垂水峠

大垂水峠

大垂水峠頂上。自転車をずっとこいでいたので登り途中の写真はありません。
下りも自動車の通行量がそれなりにあって危なそうだったのでやっぱり写真はありません。

相模湖

相模湖

相模湖から津久井湖へとすすんでいたら

ブランデーせんべい
↑内閣総理大臣賞受賞 ブランデーせんべい

ファッションセンター しまむら

なんとしまむら…もっと遠くにいかないとないと思ってました。

津久井湖

津久井湖

津久井湖

YouTube - Down Hill in 大垂水峠(東京側)

この動画では大垂水峠を東京側に下っていますが、ちょうどこの道を逆に登ったのが今日のコースになります。激坂はありませんが坂道がずっと続きます。

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R

自動車にまきこまれないようにセーフティライトを点灯して走っていましたが、昼間だとあまり目立たないかも?

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R
キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R
おすすめ平均
stars明るく使いやすい
stars夜間自転車走行の必須アイテム
stars雨対策
stars購入2ヵ月後に落下、紛失
stars自分を守ってくれます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間22分32秒
走行距離 42.79km
平均速度 18.0km/h
積算距離 3192.1km

浅川サイクリングロードを走ってみた

浅川サイクリングロード ガイド

多摩川サイクリングロードの府中四谷橋、右岸を起点に、南浅川の陵南公園までの片道約20kmのコースを解説します。
↑このページと、YouTube - 浅川サイクリングロードなどを参考に、浅川サイクリングロードを走ってみました。

何の事はない、自宅から多摩川へ多摩川から自宅へのコースを車道ではなく、浅川沿いに走る道のり。トレック7.3FXを買ったワイズロード府中・多摩川へも浅川サイクリングロード経由で行く事ができますね。

ただ、多摩川サイクリングロードへの行き来の道として使うには…日没後の帰り道だと、街灯のある車道を通って帰らないと危なそうです。車道で走るより5kmほどコースが長いので、とりあえず多摩川サイクリングロードやワイズロード府中・多摩川に行くという事なら、車道を走ったほうが早いですね。舗装が若干でこぼこしていたりまがりくねった道があったり、途中途中でサイクリングロードがとぎれているのであまり速度がだせないところもありますね。

多摩川サイクリングロード

いつも多摩川サイクリングロードで出発地点にしているところ。
日曜なので歩行者も自転車も多いです。

府中四谷橋

ワイズロード府中・多摩川のすこし先に見えているのが府中四谷橋。
府中四谷橋をわたって多摩川の右岸を走り浅川サイクリングロードに入ります。

浅川サイクリングロード

浅川サイクリングロードの出発点。少し走ってみたら多摩川右岸の標識があったので、間違えたのかと思って引き返したりも。

浅川サイクリングロード

間違いなく浅川でした。

浅川サイクリングロード

浅川サイクリングロード

正式名称は浅川ゆったりロードみたいですね。

浅川サイクリングロード

梅

梅

梅の花が咲いてました。

綾南公園

浅川サイクリングロード最終地点の陵南公園。

自転車を楽しむのにいい環境が身近にあって助かります。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間40分40秒
走行距離 47.54km
平均速度 17.7km/h
積算距離 3145km

いつもの走行報告

今日も走行報告です。まわりの景色の写真も多少ありますが、これといって新鮮みはないかも?

多摩川サイクリングロード

↑いつもの自宅から30kmの地点。

サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータ

平均速度21.3km/h
25km/hぐらいでたらいいんですけどね。

ウイダー プロテインバー

プロテインバーという商品名につられて購入。30km地点で食べました。

多摩川

多摩川

周囲の風景。桜が咲いたらそれなりの写真が撮れるかな?

トレック7.3FX

トレック7.3FXが風で転倒。

ベンチにぶつかって、リアブレーキのブレーキシューが食い込んでホイールがまわらなくなっていてびびりました。
ブレーキを解放して調整したらすぐ元に戻りましたが。

それはいいんですが、シートステーに傷が入りました。
錆が心配といえば心配ですが飾っておくものではないので、多少の傷はしょうがないですね。
安いものではないので大切にしたいですけれどね。

風が吹いている時には、あらかじ土手の草の上に倒しておいておくのが正解だったのかも?

もう少し脚が鍛えたれたら、大垂水峠を越えてみたいんですけど、どの程度の距離なのかどのぐらいきついのかがわからなくて慎重になっています。
坂がきつくて最終的に押して歩くとして…それでもなんとか帰ってこれない事にはどうしようもないですからね。
和田峠の場合はきついのは3.6kmの区間だけなので、最悪小一時間自転車を押して登ってしまえばなんとかなりますが。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 3時間4分19秒
走行距離 60.13km
平均速度 19.5km/h
最高速度 52.7km/h
積算距離 3060.4km

強風

今日もまたワイズロード府中・多摩川へ。
途中石田大橋であまりの風の強さに呼吸困難に。半端ではない強風ですね。

ワイズロードではチューブトップス3Gを購入。ヘッドチューブにアウターケーブルが干渉して傷が付く事への対策にプロテクトシールを貼っていましたが、見た目が気になってきたのでチューブトップス3Gを使う事にしました。

チューブトップス

チューブトップス3G

チューブトップス3G(アウターケーブルにかぶせるゴムみたいなもの)には切り込みが入っているので、ケーブルへの装着は一瞬で終了…の筈でしたが、公園で作業していたら、パッケージが強風で舞い上がり、中身をばらまきながら飛んで行ってしまいましたorz。

探しても見つからないのでまたワイズロードで同じ物を購入して取り付け。

トレック7.3FX

ブレーキのアウターケーブルにはジャストフィットでしたが、シフターのアウターケーブルは若干細身なので、チューブトップスが動いてしまいます。

この際、リアブレーキのアウターケーブルにだけこれを使ってあとは傷が多少ついてもそういう仕様だと思って乗ることにしようかな?と思っています。

そろそろ自転車そのものについてより、巡航速度25km/h走行距離100km程度のポタリングに参加してもちゃんとついて行けるか?和田峠を登る事はできるか?といった課題に取り組んでみたいですね。

富士山

多摩川からの帰りに石田大橋で撮影。
富士山が大きくみえたので。

■サイクルコンピュータのデータ

移動時間 2時間11分25秒
移動距離 37.48km
平均速度 17.1km/h
最高速度 44.5km/h
積算距離 2837.3km