さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠TT

和田峠に行ってきました。
ただ登るだけのつもりで行きましたが、この間のタイムより多少ましだったのでタイトルにTTと入れました。

和田峠 大垂水峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

リクセン&カウル マイクロ 100 サドルバッグが腿にあたっていないかチェック リクセン&カウル マイクロ 100 サドルバッグが腿にあたっていないかチェック

和田峠TT開始地点のバス停で撮影。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ AS803がペダリング時、とりあえず腿に当たっていない事は感覚的にはわかったんですけど、どの程度余裕があるのかわからなかったので撮ってみました。

本当にギリギリですね。

ペダリング時に踵が下がると軽く触れる程度は当たってしまいますが、時々見かけるサドルバッグが腿にあたって痛いとかレーパンがささくれだってきてしまうといった事態にはならずにすみそうです。

このサドルバッグを取り付けてまともに走ったのは今日がはじめてでした。

和田峠 和田峠 24分12秒

和田峠、タイムは24分12秒。
この間27分台だった事も多かったので今日はそれよりは登れたという事で。

裏和田

表から登って裏に下る途中で。

和田峠 富士山眺望地点 和田峠 富士山眺望地点

和田峠富士山眺望地点。

大垂水峠 12℃

気温12℃。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間49分25秒
走行距離 53.16km
平均速度 18.8km/h
積算距離 24596km

「キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5」を購入

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650を購入しました。

購入したのは、TL-LD610のSP-10ブラケットでは固定力が弱かったからです。

TL-LD650にはSP-11という新型のブラケットが採用されていたので試してみたくなったんですよね。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD150R

これを買ってSP-11ブラケットを手にいれてこれまで通り、TL-LD610を使う事も考えましたが、せっかくなので、TL-LD650を購入。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5 キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5

パッケージに入っているところ。

SP-11ブラケット

新型のSP-11ブラケット。

キャットアイ TL-LD650 SP-11ブラケット シートステー取り付け

付属のSP-11ブラケットを使ってシートステーに取り付け。

従来のSP-10だと、固定があまかったし、ここまでテールライトを縦に起こす事はできなかったのでこれだけでも買った価値ありでした。

テールライト本体はというと、TL-LD610のランダムモードとは比較にならないぐらいTL-LD650のラピッドモードは視認性がいいですね。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5 - YouTube

デジカメの動画モードで撮影した、TL-LD650のラピッドモード。
後ろ側からだとまぶしすぎるため横から撮影。

点滅モードの動作はTL-LD610と同じで5灯同時に点滅ですが、TL-LD650のほうがかなり明るいです。

キャットアイ TL-LD650 キャットアイ TL-LD650

左、TL-LD610、右、TL-LD650。

どちらも点灯モード。TL-LD650は5灯なのに点灯モードだと3つしか光りません。
それでもTL-LD650のほうが明るいです。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティテールライト TL-LD650 RAPID5
キャットアイ(CAT EYE) (2011-10-17)
売り上げランキング: 172

城山湖ポタリング

城山湖

ロードバイクBASSO Viperで城山湖登坂ポタに行ってきました。

めじろ台 城山湖 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ AS803のアタッチメントがずれてこないか、ペダリング時に腿にあたらないかのテストをかねたポタでした。

あさひ ハンディツール10

路面が悪いので振動による影響をみるのにはちょうどいいコースなんですけど、当初のセッティングより前側にずれてしまいました。

前側にずれても、あきらかに腿にサドルバッグがあたっている訳ではないので慣れるほか無いのかもしれません。

城山湖 城山湖 東京スカイツリー

城山湖からの眺望。
新宿の高層ビル群の後ろに東京スカイツリーがはっきり見えていました。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 1時間26分51秒
走行距離 23.35km
平均速度 16.1km/h
積算距離 24543km

「リクセン&カウル マイクロ 100 サドルバッグ」を取り付けてみた

トピークプロパックMが廃番になってしまったので、リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ AS803を購入。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ付属のアタッチメント

付属のアタッチメント。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ

上、リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ、下、トピークプロパックM。
ほぼ同じサイズです。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグを取り付けたところ

取り付けるとこんな感じ。

ペダルの上で踵を下げるとサドルバッグが腿にあたるので、もう少し後ろに取り付けたいのですが、思いっきり後ろに取り付けるとアタッチメントの固定があまくなり、ちょっと走っただけでするっと前に出て来てしまいます。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグのアタッチメント

アタッチメントの上側にはRがついていて、丸くなっています。

サドルレールのRにあわせて固定すればしっかり固定できますが、それより後ろだと上側は丸みの先端しかレールに接する部分が無くなるので、点でささえる事になってしまいます。

アタッチメントを後ろに取り付けても、手で押すだけでするっと前に出てくるようだと走行中にずれてきます。

サドルバッグが腿にあたって困る状態ではなく、普通にペダリングするだけなら大丈夫なんですが、当たりそうだなぁ…と気にしながら走っていると結構当たっているような気がしてきてなんだかなぁという感じです。

サドルバッグ側のアタッチメントのはめ込み位置がもう少し前よりなら良かったのにって思いますね。
あと5mmぐらいでいいんですけど。

それと、アタッチメントの取り付けにプラスねじが使われているんですけど、自転車なんだからアーレンキーで固定できるようにしておいて欲しかったです。

とりあえずは腿にあたらないし、デジカメ、ワイヤー錠、スペアチューブはすんなり納まったので、しばらく使ってみて継続して使うかどうか判断しようと思っています。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 150プラス サドルバッグ AS821

これも良さそうなんですけどね。

細身なのはいいんですけど、結構長いし、長い分はサドルの後側にでるとはいっても腿に当たらないかとか、デジカメを取り出したり、ワイヤー錠を取り出すにはマイクロ100の形状のほうが便利なんじゃないかと迷ったので、迷ったら買わないの法則で現在保留中です。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 100 サドルバッグ AS803
RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
売り上げランキング: 11415

「ヤビツ裏和田両峠よくばりサイクリング」に参加

TORのみなさんと「ヤビツ裏和田両峠よくばりサイクリング」に参加してきました。

ヤビツ峠 裏和田峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

ヤビツ峠を登って、裏和田峠を登るだけなら比較的楽そうに思えたんですけれど、非常にきつかったです。

TTはやらずゆっくり走るという趣旨でしたが、皆さんの背中がだんだん遠くなっていく…。
自転車のグレードやクロモリフレームの重さの問題もあるでしょうけれど、72kgもある体重が一番の問題でしょうね。

しかし、非常に充実したサイクリングだったのも確かで楽しかったです。

尾根幹

朝午前5時30分に自宅をでて、集合場所の和泉多摩川へ。
写真は尾根幹の入口あたり。

ゆっくり走っていたら7時の集合時間に遅刻しそうだったので、それなりに飛ばしました。

何とか6時50分に和泉多摩川到着。
集合場所まで30.71km。

クロスバイクに乗り始めた頃は自宅から30km走ったら帰ってこられなくなるからと引き返して、今日は60kmも走ったとブログに書いていた訳ですが、集合場所まで30kmです。

ヤビツ峠

和泉多摩川からかなりアップダウンのある裏道を通って善波峠にでて、名古木~ヤビツ峠。

ゆっくり走る趣旨なのにみなさん速い。私が遅すぎるのか。

ヤビツから宮ヶ瀬湖に向かう途中で紅葉狩り

ヤビツから宮ヶ瀬湖に向かう途中で紅葉狩り。

和田峠 和田峠頂上

ヤビツ~宮ヶ瀬~相模湖を経由して裏和田峠。

藤野に着いた段階でかなり疲れていたんでしょうね。
裏和田は表ほど勾配がきつくない筈なのにあやうく足をついてしまうところでしたorz。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間00分23秒
走行距離 166.97km
平均速度 20.8km/h
積算距離 24509km

城山湖ポタリング

ロードバイクBASSO Viperで城山湖の急坂を登ってきました。
いつも通りのコースなんですけど、こんな短いコースでも登坂力の維持にはいいみたいなので。

めじろ台 城山湖 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

城山湖

城山湖。

アマチュア無線

アマチュア無線のアンテナ。

しまむら裏起毛タイツ

1680円のしまむら裏起毛タイツの上に、サイクリングニッカ

上は、アンダーの上に直接ライトシェル・サイクルジャケットでしたが登坂中は暑くてジッパー全開。

さらに中間着にジオライン3Dサーマルでも着れば真冬でも大丈夫なのは昨年実験済ですが、11月にライトシェルでこんなに暑かったかなぁ…。

津久井湖方面

津久井湖方面。

高尾 高尾

狭間町のT字路。

自転車込みで撮影すると雲が飛んで白く見えてしまうので、雲の写真と自転車込みの写真両方貼り付けておきました。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 1時間26分37秒
走行距離 23.03km
平均速度 15.9km/h
積算距離 24342km

八王子、熱海往復183km

くまはん1号さんと熱海までツーリングしてきました。

八王子 熱海 湘南平 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

電動ULTEGRA 電動ULTEGRA

くまはん1号さんは導入したばかりの電動アルテグラで。

熱海港 熱海港

熱海港。

熱海サンビーチ

熱海港と隣接した熱海サンビーチのモニュメント。

湘南平

帰路立ち寄った、激坂湘南平。
距離は短いもののわりと長い直線坂。

必死でペダルを踏んでも心肺が追いつかず息は乱れて脚回らず。
踏んでも踏んでも前に進まない感じでした。

踏んでもふにゃって感触が返ってくるんですよね。

今日のアンダーは、ジオラインL.W.と、パールイズミ 181 ヒートテックセンサーの二枚重ね。

ジオラインM.W.(中厚手)よりパールイズミのヒートテックセンサーのほうが汗抜けがいいみたいです。

自宅ではジオラインM.W.を着て暖房を付けずにがんばっているんですけどね。

出発時の体重72.2kg、帰宅時の体重70.2kgで2kg減っていました。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間24分43秒
走行距離 183.62km
平均速度 24.7km
積算距離 24199km

「奥多摩都民の森」紅葉狩りサイクリング

「奥多摩都民の森」紅葉狩りサイクリングに参加してきました。

武蔵五日市 都民の森 奥多摩湖 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

獲得標高2000メートル越えていますね。

武蔵五日市駅

朝6時自宅出発で7時5分武蔵五日市駅着。距離約17kmです。

武蔵五日市駅前にならぶロードバイク 武蔵五日市駅前にならぶロードバイク

武蔵五日市駅前に集合しているところ。

都民の森 都民の森

都民の森到着。

何とか前の人に追いつこうとペダルを回しましたが完全にちぎられタイムはサイコン読みで1時間16分。必死で登っても前回ポタリングペースで登った時のタイムとたいして変わりませんでした。

浅間尾根駐車場からの眺望

浅間尾根駐車場からの眺望。
晴れていれば紅葉がもう少し綺麗に見えたんでしょうけど、遠くにいくほどかすんでしまってます。

風張峠 風張峠

風張峠の温度計は16℃でした。

11名参加で登りで1名下りで3名が落車。
擦過傷と打撲、自転車の損傷も。
紅葉が綺麗なかわりに落葉で路面が滑りやすくなっているようです。

出発時点では73.5kgあった体重は帰宅後には71.8kgに減っていました。
都民の森で餅やおはぎを食べてさらにラーメンまで食べたんですけどね。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 5時間54分46秒
走行距離 124.48km
平均速度 21.0km/h
積算距離 24016km

明日の風張峠のための準備

明日、風張峠に行く予定なのでそのための準備。

パーツクリーナー

安いパーツクリーナーAZパーツクリーナーイエロー840 Y005でチェーンの汚れを落とした後FINISHLINE(フィニッシュライン) テフロンプラスルブDRY(60ml)で注油。

AZパーツクリーナーはホームセンターに置いてある事が多いので入手性もいいしかなり安いので助かっています。たぶんワコーズスーパージャンボなどの高いパーツクリーナーはもう買わないんじゃないかと。

あとは、プレクサスでフレームの掃除。
ワックス効果を疑問視するレビューをみかける事もありますが汚れ落とし、塗装保護にはいい製品だと思います。

ブレーキシューにアルミ片

ブレーキシューを取り外してアルミ片を除去。

ここまでは基本的なメンテですね。

mont-bell サイクルトゥウォーマー

先日ダウンヒルの時につま先が冷たく感じられたので、しまっておいたサイクルトゥウォーマーをひっぱりだして装着。

シューズはベルクロ3本締めなんですけど、トゥウォーマーを取り付けたら当分取り外さないでこのまま使用。
ベルクロ2本だけ使う事になります。
多少脱ぎにくかったり履きにくかったりしますが、何とかなるものです。


MサイズとLサイズがありますが、Mサイズを使用中。

クリート後ろよりのセッティングなので、それを考慮するとLサイズのほうがいいのかもしれないのですが、ベルクロ2本はカバーで隠れないようにしたいのでMサイズです。

昨年使ったサイクルトゥウォーマーも使えそうなんですけど、念のため今年の分も注文済です。

あと、服装は秋冬装備で。
アンダーはジオラインM.W.ハイネックで行く予定。
晴れていたらちょっと暑いかもしれませんけど。

サイコンやボトルは取り付けておきました。
朝早いので。

そろそろ紅葉

またいつもの城山湖です。

和田峠に行こうかとも思ったのですが、膝に若干違和感があったのでやめておきました。

土曜日に風張峠に行くイベントがあるので奥多摩で膝が痛くなったらどうしょうもないですからね。

今日は大腿四頭筋のストレッチとハムストリングスのストレッチを入念にやってから城山湖の坂を登りました。
だいぶ固くなっているようなので土曜に日に向けてさらにストレッチしておこうと思っています。

街路樹が紅葉

途中街路樹が紅葉していたので止まって写真を撮りました。
冬用グローブを外さないとシャッターを切れません。夏は指切りグローブだったからそんな問題は無かったのですが。

城山湖 城山湖

城山湖の発電所近辺はすでに紅葉。

今日もしまむらの1680円の裏起毛タイツで行きました。股上がもうちょっとあるといいのにという出来のタイツですがそれなりに使えます。

寒いので裏起毛タイツの下に、ジオラインL.W.タイツの二枚重ね。

さらにその上からサイクリングニッカ

上のアンダーはジオラインM.W.ハイネックばかりになってしまいました。

ジオラインM.W.は汗抜けが悪いというレビューがあったので気にしながら着てみているんですけど、そんなに問題あるのかなぁ、という印象です。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 1時間28分34秒
走行距離 24.78km
平均速度 16.8km/h
積算距離 23891km