さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

和田峠 鶴峠 松姫峠 城山湖

山武者というチームの山岳サイクリングにくまさん1号さんにさそわれて参加しました。
数ヶ月前にできたばかりのチームのようなのですが…。みなさん脚が揃っていて…。

山武者の峠練=武者修行((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

和田峠 鶴峠 松姫峠 城山湖 - ルートラボ - LatLongLab
和田峠 鶴峠 松姫峠 城山湖

走行ルート。

高尾ファミマ

高尾のファミマで合流。

ここから和田峠に向かうトレインがハイペース。これから和田峠なのに温存しないのか、余裕なのか。
このあたりでひょっとしてずっとこのペース?とちょっと不安に。

和田峠 和田峠

和田峠、23分25秒。セーブしながら登ってこのタイムなら…。
サドルの高さと前後位置をセッティングしなおしたのも良かったようです。

和田峠

和田峠頂上で一休みする山武者メンバー。

田和峠 田和峠

田和峠。

鶴峠 鶴峠

鶴峠。

道の駅こすげ

道の駅こすげで昼食。
バイクラックは自転車だらけ。

松姫峠 松姫峠

松姫峠。大月側は通行止めのまま。このまま廃道になりそうな感じですね。

登ってきた松姫峠を下り、松姫トンネルで20号へ。

実は、速度域が合わないようなら、松姫峠に行かないで松姫トンネルで待機してようと思ってました。
何とかなりましたけどね。

相模湖

帰路、相模湖。

城山湖

時間的に余裕があったので、離脱して城山湖。

今日は登坂時に速度を出すためにサドルの先端に座ってペダリングしてました。
ダンシングの時と腰の位置が近くなり、ペダルがよくまわるようになるものの、サドルが尻につきささった状態なので尻が痛くなって来ます。

サドルの先端に座っても快適なサドルがあったら欲しいかも…。

■出費

コンビニ補給 737円
昼食 600円
自販機 390円

合計 1727円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 6時間52分13秒
走行距離 143.61km
平均速度 20.9km/h
積算距離 46300km

結束バンド交換、ツール缶メンテ

通販サイトで結束バンドを購入。

耐候性 結束バンド 耐候性 結束バンド

ELPA 耐候性結束バンド ワンタッチロック方式 150mm 100本入 ブラック KBF-150100C(BK)

これまで使っていたものと全く同じものでした。紫外線に強い屋外用耐候性結束バンド。

ハンドルのサイコンのマウント、フォークのセンサーの結束バンドを交換。1台で4本使用。ロードバイクが2台あるので8本。
100本セットを買ったので毎年交換しても10年もつ筈なのですが、いつもなぜか無くなってしまうんですよね。

おかしいな…。

ともあれ、紫外線に強いと謳ってあるものでも紫外線によって劣化するでしょうから1年に一回交換です。
走行中に結束バンドが外れて付いていたものが後方に飛んで行ったらいやですからね。

もっとも、私のメンテは過剰メンテぎみだったりするのですが。

ついでに、ツール缶のメンテ。

PARKTOOL チェーンカッター

PARKTOOL(パークツール) フォールディングチェーンツール CT-6.3

黒い部分が鉄らしく、茶色い錆が浮きだしていましたが。その部分のヒンジにラスペネを注油、錆拭き取り。
錆びるんですね。これ。
チャックポリの袋が破れていたので、水が入りやすかったのかも。

チャックポリに詰めなおし

その他の小物も新しいチャックポリに詰めなおし。

長い間パンクしていないので、換えチューブがそのまま…。使おうと思ったら劣化していて使えなかったりして。
チューブを包んでいたチャックポリも劣化していたので、交換しておきました。

次回タイヤ交換をする機会があったら、古い携帯チューブから順に入れ換えてやらないとダメかもしれないですね。

城山湖ポタリング

RNC7で城山湖に行って来ました。

城山湖

テニスコート~発電所ルートで城山湖へ。

城山湖 城山湖

城山湖22%をダウンヒルし、登り直して穴川林道に戻る。

日曜日に150km、獲得標高3000mの山岳サイクリングに行くので、前回のように体力が持たなくなって離脱というのは避けたい。
走行時間1時間でも、走らないより走っておいたほうがいいという…。

RNC7 ポジション調整

RNC7のポジションをまた弄りました。

サドル-ハンドル間距離490mm

シートポスト突き出し量を2mm多くして、サドルを前に。
シートクランプ部からサドルレールまで95mm→97mm。

しかし、サドルを前に出した分BBの中心からの距離が短くなるので、サドル-BB中心までの距離はほとんど変わっていない筈です。

BB中心からサドルまで672mm。股下772mmx係数0.87=671.64なので、計算通りですね。
実際に乗って煮詰めていった結果一般的なサドル係数と同じになっただけなのですが…。

計算通りになったといえば…。

「これはエエよォ」(おすすめグッズのインプレ日記) 各自の最適SB値の求め方

実際には細かな数値を入れて計算するようですが、サドル高x0.96=サドル先端からブラケットの親指と人差し指を置くところまでの長さというもの。

サドル高672x0.96=645.12。

今現在のSB値、645mm。

フレームが大きすぎる、短いステムに交換したほうが…と思っていましたが、案外これでいいんじゃない?という話になりそうですね。
とはいえ、乗っている本人の感覚が一番重要なのですが。

ゆりのき通り

シートポスト突き出し量を1mm多くして、サドル-ハンドル間距離490mmで試走した時の写真。
サドルの着座位置がずれてあっという間に尻が痛くなりました。

それならシートポスト突き出し量を2mm多くすれば?
シートポスト突き出し量を多くすれば、サドルに座る前後位置が前よりになる筈なので。
前のほうに座れば実質のサドル高は変わらない。

fi'zi:k ANTARES VERSUS X

fi'zi:k ANTARES VERSUS X

深い溝の入ったサドルです。どう頑張ってもこのサドルだと痛くてダメという方も多いようです。
溝の角があたって痛いという意見も多いようです。

前後どこにでも座れるように作られているようで長く座っていられる場所は一箇所だけ。
後ろのほうに座ると幅が狭くなるし溝の角が固いので痛くなりやすいようです。

一番幅の広いところに坐骨が来るようにすればわりと使えるサドルなのですが、一番幅の広いところはサドル後端よりかなり前のほうだったりします。

シートポスト突き出し量、サドル前後位置のセッティングが合っていないと、その長く座っていても痛くなりにくいサドルの着座位置に座る事ができないんですよね。

シートポストの突き出し量が多くなれば前に座るようになり、シートポスト突き出し量が少なければ後ろに座るようになる。
それにあわせてサドルの前後位置を決める。

城山湖 城山湖
城山湖 田園

試走。

今のところ快適ですが、膝の痛みが出るかどうかは150km位走ってみないとわからない。
そしてポジションがあっていても走行前のストレッチを怠っていると膝を壊す事がある。

今日はロングという時はちゃんとストレッチしておかないとダメみたいです。

城山湖ポタリング

RNC7で城山湖に行って来ました。
サドル高を1mm高くしただけなのに、サドルと尻がフィットしない…。
サドルの前後位置を調整しなさいという事らしい。

城山湖

城山湖。

城山湖22%

城山湖22%。

いつもよりきついと思ったら、23Tで登ってました。オールシッティング。
登るだけならダンシングする必要の無い坂です。でも、TTだと惜しみなくダンシングを駆使しないとだめでしょうね。

ポジション。

サドルを1mm高くしただけなのに、前後位置が後ろすぎる感覚あり。
登坂時にはサドルの前のほうに座るので少し前に出ていたほうが都合がいいという事もあって、サドル-ハンドル間距離を492mmから490mmに変更しました。

2mm差にしてはサドルレールの移動量が多かったような気がするんですけどね。
サドルを高くすると高くした分だけ後ろに下がりますが1mmでこんなに変わるものなのか?

RNC7タイヤ交換

ANCHOR RNC7後輪のタイヤを交換しました。
といっても、使っているタイヤはずっとGP4000S。型番変更でGP4000S2にマイナーチェンジしましたが…。

醍醐林道 GP4000S サイドカット

まだ十分使えるタイヤだったのに、落石と枝だらけの醍醐林道で尖った石を踏んでしまったので交換です。
高いのに、あーもったいない。

Continental GP4000S2 Wiggle

Wiggle | ロード用レースタイヤ Continental - Grand Prix 4000S II フォールディングロードタイヤ

円安に振れていた時は、国内通販と500円位しか差が無かったのですが、円高のおかげで安くなってますね。
輸出産業にとっては打撃なのでしょうけれど…。

今回も注文から1週間で届きました。

GP4000S サイドカット GP4000S サイドカット

取り外したタイヤ。

う~ん。サイドカットしているから交換しなければ…と思っていましたが裏面にまで達してないですね。
まだ使えたのかも…。
もったいないからとトラブルをかかえたタイヤを使い続けた結果、松姫峠でパンク、チューブを交換してもタイヤからチューブが顔を出して…という経験をしているので交換しましたけどね。

PEARL IZUMI「995-3D ブライトタイツ」を注文

15%オフクーポン+14%ポイント還元につられて「PEARL IZUMI 995-3D ブライトタイツを注文。

手持ちのMサイズ、Lサイズのタイツ2枚で十分なのに、現在のウエストにあわせるとMサイズなのでつい_□○_

でもまぁ、購入履歴を確認した限りでは今回注文分が一番安かったようで。

MサイズLサイズ以外にも、太っていた頃に買った横幅だけ2サイズ大きめの、BL(3L相当)、BM(XL相当)のタイツも捨てずに取ってありますが…。冬季の自転車弄りの時の油汚れが付いても構わない作業着として使う位しか用途思い浮かばず…。パッドが付いているので収納もかさばり_□○_

(パールイズミ)PEARL IZUMI 995-3D サイクル ロングタイツ [メンズ]
PEARL IZUMI (2015-10-07)
売り上げランキング: 55,151

山中湖ポタリング

TORのメンバーで山中湖に行って来ました。参加者は私を入れて4名。

道志みち サークルK

道志みちサークルK。

道の駅どうし

道の駅どうし。

山伏峠 山伏峠

山伏峠。

山中湖

山中湖まで行っても見えない事も多い富士山。

カレー屋

怪しいインドカレー店で昼食をとる予定でしたが、閉まっていたので普通のカレー店で。

忍野八海

忍野八海。人だらけで世界遺産になっているあたりは写真を撮る気も起きず…。

帰路道志みち

帰路道志みち。

連休の最終日で渋滞していたため、新小倉橋へ抜けるルートをご案内~。
TORのりゅうさんが見つけた道なのですが、渋滞していなくても、こっちの道のほうがいいという話になりました。

■出費

コンビニ補給 328円
道の駅どうし 豆乳ソフト 320円
昼食 1200円

合計 1848円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 6時間35分42秒
走行距離 137.82km
平均速度 20.8km/h
積算距離 46107km

ブレーキシュー固定のプラスねじ

ブレーキシューの固定ボルトがBR-5800だけプラスねじなので舐めやすいという話になりました。
ネットを検索していて同様の書き込みを読んだ事があったので、以前から小ネタにならないかなと思っていたのですが…。

BR-5800展開図

105のブレーキ、BR-5800展開図。
ブレーキシュー固定ボルトの型番はY8L227000。

BR-6800展開図

ULTEGRAのブレーキ、BR-6800展開図。
ブレーキシュー固定ボルトの型番はY8L22700。

あれ、105だけじゃなくて、ULTEGRA、BR-6800、DURA-ACE、BR-9000も同じ?

ULTEGRAもDURA-ACEもプラスねじに変更されているんでしょうか。

でも、アーレンキーを使うタイプの写真が掲載されていたり…。
SHIMANOが途中で変更した可能性もありますね。

アーレンキー(六角レンチ)タイプの場合、シュー固定ボルトは2mmのアーレンキーで回します。

1番のドライバーと2番のドライバー

1番のドライバーと2番のドライバー。

2番は直径6mmの一般家庭でよく使われている太さのドライバー。
2番では対応できない小さなねじを回す時には1番を使います。

BR-5800固定ボルト プラスねじ

BR-5800のシュー固定ボルトのプラスねじ。

小さなねじだし、2mmのアーレンキーを使っていたくらいだし…と1番のドライバーでまわすと…。

1番のドライバー

ねじの頭を舐めそうになります。

φ6mmの2番のドライバーでブレーキシュー固定ボルトを回す

もしかしたら2番のドライバーでいいのでは?

φ6mmの2番のドライバーでブレーキシュー固定ボルトを回す

ねじが細いので2番のドライバーでは太すぎるかと思いきやぴったりです。ねじ山が舐める気配ゼロです。


これを注文したら六角穴付ボルト、プラスねじ、どちらのタイプのシュー固定ボルトが付属して来るんでしょうね。

展開図の型番が同じという事は、どちらでも対応できる筈ですが…。

甲武トンネル 都民の森 入山峠 醍醐林道 牧馬峠

くまさん1号さんの、獲得標高3600m奥多摩サイクリングに参加しましたが、体力不足で都民の森でギブアップ。
そこから普通に帰宅すればいいのに入山峠に行ってしまい醍醐林道経由の和田峠そして牧馬峠となりました。

甲武トンネル登坂開始

藤野からアップダウンのあるゴルフ場の坂を越え、甲武トンネル登坂開始。

甲武トンネル

甲武トンネル。

都民の森

都民の森到着。何台のロードバイクに追い越されたんでしょう。追い越して行く人達がみな屈強なアスリートに見えました。

都民の森

ここから丹波山にでて今川峠~鶴峠なんて無理…と、くまさん1号さんに離脱する旨伝えました。
写真は、風張峠へと向かうくまさん1号さんの後ろ姿。

なんだか、くまさん1号さん絶好調みたいです。
私がリサイクルショップにタダで引き取ってもらおうと思っていたTREK7.3FXでヤビツ41分とか…。

そして、新しく買ったDE ROSA IDOLもすごくいいらしく…。

こりゃあ、次回ご一緒させて頂く時にはこちらも鍛えてからにしないといけないなぁ…。

普通に帰宅しても戸沢峠やら八王子霊園の坂を登らなきゃならないなぁ…。たしか戸倉のセブン-イレブンから入山峠に行く事が出来る筈…と勘だけをたよりに進んでいくと…。

入山峠 林道盆堀線

林道盆堀線起点。

入山峠

そんなにきつくない峠だと聞いていましたが、峠道には違いなく…。

入山峠頂上

入山峠頂上。頂上付近からの眺めはほとんど何もなく…。あれ?確か景色のいい峠では?

入山峠からの眺望 入山峠からの眺望

八王子側に下っていくと眺望がひらけてきました。

入山峠 入山峠
入山トンネル 入山峠

入山トンネル周辺。

醍醐林道

入山峠を八王子側に下り、醍醐林道経由で和田峠に向いましたが落石は多いし路面最悪。
和田峠の表を登ったほうが良かったのかも。

しかし、和田表より緩い筈の醍醐林道で何度も止まって休息してましたから、どうなんでしょう。

和田峠

和田峠。

藤 藤

牧野から牧馬峠に向かう途中。藤の花が山のあちこちで咲いてました。

牧馬峠

ショーットカットしたのにくまさん1号さんよりも1時間遅れで牧馬峠を通過。

甲武トンネル 都民の森 入山峠 醍醐林道 牧馬峠 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。
距離137.9km、獲得標高3204m。

GP4000S サイドカット

おそらく醍醐林道で落石を踏んだ時にやってしまったのだと思いますが、GP4000Sサイドカット。
パンクには至りませんでしたが交換ですね。

Wiggle | ロード用レースタイヤ Continental - Grand Prix 4000S II フォールディングロードタイヤ

Wiggleで注文。