さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖22%ポタリング

城山湖

RNC7で城山湖22%へ。BASSO Viperよりフレームが柔らかい事が原因なのか、34x28、マックスローでシッティングで登坂すると勾配の一番きつい区間で自転車が止まりそうに。

サドルを若干前にだした状態で、ステム90mmでも前傾が深くなるフレームサイズなので、登坂時の前輪の浮き上がりを制御しやすく、ダンシングに切り替えなくても比較的急な坂を登れる感覚があるのに、城山湖22%に関しては、BASSO Viperで登ったほうがすんなり登れるような?

乗ってみたら快適だった、速く走れるようになった、どちらかが無いとつまらない…。

今のRNC7のポジションで平坦ロングを走ると体幹で上半身を支えきれなくて、腕が疲れて腕の筋肉が足りなーいと泣き言を言いたくなる始末…。大きなパワーをかけるか自転車の前輪が上を向く坂なら問題ないんですけどね。

強い力でペダリングすると反力で上半身が浮き上がろうとするので、前傾が深くても腕に負担がかからないんですよね。
しかし、スプリント向きのフレームではないし…。
ステムを80mmにしてロングライド向きにセッティングし直すか、このまま行くか?

城山湖 城山湖

八王子盆地の底から城山湖まで登ればいつもは涼しいんですけどね。
湿度高すぎで、蒸し風呂状態。

城山湖

脇の坂を登って木陰で休息。

Continental GP4000S サイドカット Continental GP4000S サイドカット

落石だらけの林道を走ってサイドが切れたGP4000S。

せめて1年持って欲しかったです。チューブが顔を出している訳ではないのでまだ使えるのかもしれませんが、パンクしたタイヤを使い続けていたらチューブが顔を出していて何度もパンク、そして場所は山の中なんて事もありましたから、気になる状態のタイヤはできるだけ使わないほうがいいのです。

城山湖なら、万が一パンクしても自転車を押して歩いて帰ってこられる距離なのでなんとかなりますが…。

Wiggle | タイヤ - ロード (クリンチャー) Continental - Grand Prix 4000S II


数百円でも安く買いたいのでWiggleに注文。到着まで2週間くらいかかりそうですね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

城山湖22%ポタリングへのトラックバック