さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

ネットカフェで宿泊

生活困窮の若者、ネットカフェ転々 支援団体にSOSも2006年11月02日

低料金でシャワーや個室などを完備するネットカフェで生活する若者が都市部で増えている。彼らの多くが、生活が困窮し、家を失った若年フリーターだ。「不安定な生活を抜け出したい」というSOSもインターネットを通じて、支援団体に寄せられ始めている。
いつか自分もホームレスかなぁ?そうなったらネットからも離れる事に?と思っていたので、なるほど、ネットカフェで宿泊して、ブログを立ち上げている人もいるのかと思った。

これから冬に向かい寒さが死に直結しかねない時期にネットカフェが深夜、安く利用できる事はそれなりにありがたい事なのかもしれない。

そうはいっても、なんとかやり過ごすという域はでない気もする。

社会問題として捉えるという以上に、明日は我が身。そんな生活方法もあるという情報として読んでしまった。