さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

09 BASSO Viper ヘッドパーツ JIS ITA 混合

BASSO Viper ヘッドパーツ交換

BASSO Viperをサイクルベースあさひに持ち込み。

ハンドルの真ん中あたりでひっかかる感触あり。7月16日に開けてみてもらったところ、ボールレース虫食い。
ベアリング交換だけではだめでヘッドパーツ交換交換が必要という話になりました。

BASSO Viper ヘッドパーツ交換 BASSO Viper ヘッドパーツ交換

完成車に付いてきたヘッドパーツ。MICROTECH。


7月16日注文。

しかし、帰宅後ネットで調べてみた限りでは09 Viperは、フレームJISでフォークITA。

あわてて翌日に、フォークがITAかもしれないとあさひの方に話しましたが、ジョブインターナショナルに問い合わせたらJISだと言っているので間違い無いと…。

現行のViperと09 Viperで規格が変わっていているのに、ジョブインターナショナルが現行の規格の話しをした可能性は?

個人のブログやネットの掲示板に書いてある事が間違っている事もあるので、JISのヘッドパーツが届いて、フォークがITAだったらその時はその時だと思って、今日、持ち込んで交換作業をお願いしたところ、やっぱりフォークはITA。
コラム -COLUMN-|Y's Road 上野アサゾー店

スタンダードサイズ用 (1インチ、25.4ミリ直径のコラム)

フォークの下玉押し圧入部の寸法が26.4mmでフレームのヘッドチューブに圧入する部分が30.2mmなのがイタリアンサイズで、フォークの下玉押し圧入部の寸法が27.0mmでフレームのヘッドチューブに圧入する部分が30.0mmなのがJISサイズになります。

恐ろしいことに、完成車(乗れる状態の自転車)で販売されているものの中には、フレームはJISなのに、フォークはイタリアン。

もしくはその逆。

になっているものなどがときどきありますので片方だけを計測して判断すると危険です。
BASSO Viperのヘッドパーツ交換で問題が起きていない方のブログをみるとフォークも同時交換なんですよね。

フォークもJISなら普通に組めますからね。

27日の富士3に間に合えば問題ないので、修理が完了するまであずける事にしました。
本来は追加のパーツ代が必要な筈ですが、当初の見積もり価格のままでいいそうです。

春に買った夏ジャージ3枚

PEARL IZUMI UVフレスコジャージ

PEARL IZUMI メンズ UVフレスコジャージ 310B 3

着たあとうっかり1日洗濯しないでおいていたら、あちこち黄ばんでしまって、あわててもみ洗いしましたが、どこもほつれていません。
PEARL IZUMIの夏ジャージはすれるとすぐほつれるというイメージが強かったので意外でした。
脇メッシュは無いよりはまし程度。

602-B UVジョンティー ジャージ

2012年モデルのUVジョンティージャージ。
こうなるのが普通だと思っていました。

SHIMANO MIRROR COOL ジャージ

SHIMANO MIRROR COOL ジャージ

メッシュ部分がほつれました。
全体的に作りが雑なのが気になりますが、ヒートベンチレーションシステムが良くできているので、機能性は高いです。

shimano(シマノ) MIRROR COOL ジャージ ミラークールジャージ

ヒートベンチレーション。風の流れがウェア内にできるので快適。

mont-bell WIC サイクルジャージ

mont-bell WIC.サイクル ジャージ

たびたびもみ洗いしていますが、生地がほつれる気配なし。
ウィックロンのTシャツより丈夫そうです。
メッシュになっている箇所がどこにも無いので、春や秋に最適。

気温28℃で、ジオラインクールメッシュタンクトップと組み合わせて着てみましたが、どうにもならない程ではありませんでした。

ちとせ屋にソフトクリームを食べに行く楽しいポタリング

TORのイベントで、甲武トンネル経由でちとせ屋さんに行って来ました。

大垂水峠 レイク相模CC 甲武トンネル - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

高尾山口サンクス

高尾山口サンクスで待機。8時42分。

高尾山口サンクス

合流。9時47分。

大垂水峠

大垂水峠。登ってきた坂をまた下る人もいました。峠のおかわり。

大垂水峠

大垂水峠。10時24分。

蕎麦屋

蕎麦屋で昼食。急坂の上にある店でした。11時10分。

藤野

藤野方面からの登り。県道521号。12時41分。

レイク相模カントリー倶楽部

レイク相模カントリー倶楽部の激坂。13時01分。

甲武トンネル方面へ

県道522号。

甲武トンネルへ

甲武トンネル登坂開始。13時26分。

甲武トンネル

甲武トンネル。13時45分。

甲武トンネル登坂中

甲武トンネル登坂中。

ちとせ屋

本日の目的地、檜原とうふ、ちとせ屋。豆乳ソフトを頂きました。

武蔵五日市離脱で帰宅。
山岳初心者向企画だったのに、ハードでした。参加者は15名。

甲武トンネルの先頭を走っている二人を追いかけましたが、30秒遅れで頂上。
いいトレーニングになりました。1人だとさぼってしまいますけど。

■出費

昼食 蕎麦 700円
ちとせ屋豆乳ソフト 290円
ボトル水道水 0円
合計 990円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 3時間54分17秒
走行距離 84.7km
平均速度 21.7km/h
積算距離 38297km