さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

城山湖22%ポタリング

BASSO Viperで城山湖22%に行って来ました。
空いた時間を使って行って帰って1時間…。

城山湖22% 城山湖22%

最大勾配22%、城山湖雨降林道。

34x24、シッティングで登坂しましたが、RNC7だと25Tでも止まりそうになるのにBASSO Viperだと登れるんですよね。BASSO Viperのほうが重いのに…。
RNC7で登坂すると良く言えば脚にこない、悪くいえば力が入らない。
ペダルからの反力が強ければ前に進む訳ではないので無駄な力が入っている可能性もありますが…。

バイシクルライディングブック DVD BOOK p53、サイクル小野の自転車学_110212 TK講座 - YouTube

城山湖 城山湖からの眺望

城山湖。

PEARL IZUMI USA 長袖ジャージ

Wiggleで買ったPEARL IZUMI USAの長袖ジャージ。英文のレビューを翻訳してみたら「暖かくない」と…。
初秋にはぴったりです。

mont-bell アウトレット争奪戦

モンベル | オンラインショップ | クリマプラス200 ジャケット Men's
モンベル | オンラインショップ | クリマプラス200 ジャケット Men's

6096円+税→5480+税。

500円位しか安くなってないですが…。
クリマプラス100はへたりやすい。200は重い。クリマエアジャケットは軽くて暖かく、毛玉にならない。

クリマエア以外いらないとか言ってたのに値引きされていたので買ってしまいました。
これで、クリマプラス200ジャケット4着。
部屋着と外出着に分けて使うので4着あってもいいんですけどね。

気温急降下で寒かったので早速使っていたり…。

モンベル | オンラインショップ | ライトシェル アウタージャケット Men's
モンベル | オンラインショップ | ライトシェル アウタージャケット Men's

7429円+税→5900円+税。

自転車用のライトシェルサイクルジャケットを2着持っていますが、自転車用は前が短いので下に着ているシャツがはみ出し…。トレッキング用ならそんな事にはならないので購入。

mont-bell 秋冬カタログ

mont-bell 2015-2016 秋冬カタログ。
またいろいろ買ってしまいそうです。果たしてどうなる事やら。

城山湖TT

Strava区間 | 城山湖(T字路~広場)

こういうのがあるんですね。GPSのログを取得できるサイコンもスマートフォンも持っていないので、自分のデータをアップロードする事はできませんが、参考にする事はできるので、同じ区間をTTしてみる事に。

城山湖TT T字路~広場

スタート地点のT字路。

タイム 8分21秒

発電所ゲート手前のコミュニティ広場まで入ったところでサイコンをチェック。
タイム8分21秒、距離2.06km、平均速度14.8km/h。

スタート地点からテニスコートまでは平地に近いので急勾配区間だけでTTしたいような気も。

いつもシッティングで登っていましたが、ダンシングでもがかないといいタイム出ないですね…。

城山湖

城山湖。

城山湖22%

デザートで城山湖22%を下って登り返す。

Strava区間 | H坂スプリント

法政大学通りを北上するルートもTT。

H坂スプリント

登坂開始地点。

法政大学多摩キャンパス

信号停止で頂上まで行くことができませんでしたが、H坂スプリントの区間も信号手前まで?

タイム59秒、距離350m、平均速度23.0km/h。

Stravaの区間のデータを参考にしてキャットアイのサイコンでタイムを計る…。
データをアップロードする事はできませんが、鍛えられるのならそれでいいのかも。

梅ノ木峠 今川峠 都民の森 甲武トンネル 牧馬峠

くまさん1号さんと獲得標高3939mのポタリングに行って来ました。

梅ノ木峠 今川峠 都民の森 甲武トンネル 牧馬峠 - ルートラボ - LatLongLab
梅ノ木峠 今川峠 都民の森 甲武トンネル 牧馬峠

くまさんが作成するルートは獲得標高3000m以上が普通…。

梅ノ木峠

梅ノ木峠。かなりきつい峠だった筈ですが…。くまさんにはとても追いつけないものの、それほど急勾配とは感じられず。
登坂向きのポジションだったから?

奥多摩湖

青梅から奥多摩湖へ。

道の駅たばやま

丹波山村の道の駅たばやま。
この先を左に曲がると今川峠。

今川峠

今川峠。

東京で一番高い道路 標高1146m

風張峠。東京で一番高い道路、標高1146m。

都民の森

都民の森でTORのYさんと偶然出会いました。

上川乗

上川乗でYさんと別れ、甲武トンネルへ。

甲武トンネル

甲武トンネル。

藤野への分岐

甲武トンネルをダウンヒルして藤野へ向かう分岐。

くまさん1号さんをぶっちぎる くまさん1号さんをぶっちぎる

午後2時頃、くまさん1号さんをぶっちぎり…。(注 くまさんはハンガーノック寸前、お昼ごはん食べてません。)

牧馬峠

牧馬峠。

サンクス 津久井宮が瀬店

宮ヶ瀬湖手前のサンクス。

東金原交差点

津久井湖を半周して城山湖に行く元気が残っていなかったので、新しくできた道路でさくっと帰宅。

■出費

補給 2030円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間27分37秒
走行距離 167.96km
平均速度 19.8km/h
積算距離 43823km

相模野CC 津久井湖 城山湖

RNC7で近所の山岳をポタリングしてきました。

相模川沿い 気温29℃

相模川沿い気温29℃。早朝で涼しい~と思っていたんですけどね。

相模野CC 20% 相模野CC 20%

相模野CC20%。34x25、シッティング。ゆっくり登ると別段心拍があがるわけでもなく、脚に来る訳でもなく…。
坂への耐性ができているのは確かなんでしょうけれど、できる事を繰り返しても上達はしないのかもしれませんね。
まぁ、退化を遅らせる事はできるのかも。

根小屋

根小屋の住宅街の坂を越え…。

津久井湖方面へ

津久井湖方面へ。

三井大橋

三井大橋。

都井沢

大きな葉…。

城山湖

城山湖。

フィジーク ANTARES VERSUS X

昨日、RNC7のサドルを2mm前に出して試走した感じでは大丈夫そうだったのですが、今朝乗ってみたら腿の内側が痛くてどうにもならず…。
自宅に引き返して2mm後ろに引きました。
たった2mmで一体何が?と自分でも思いますが、痛くなるところにちょうど座る事になるみたいです。

サドル-ハンドル間距離490mm→492mm。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間27分23秒
走行距離 40.25km
平均速度 16.3km/h
積算距離 43655km

BASSO Viper ポジション調整

BASSO Viperのポジションを再調整。

サドル水平、サドル-ハンドル間距離477mmに変更しましたが、どうもペダルを上から下へ踏みにくく、斜め前に蹴りだしている感覚あり。2mm前にだし、477→475、後退幅32mm。

ここ数日の調整で、前上がりだったサドルが水平に、サドルが5mm前に出て、シートポストが4mm高くなりました。

これで本当に大丈夫なのか…。
ローラー台のようなものは持っていないので実走して確認するしかありません。1時間で行って帰って来られる城山湖へ。

城山湖

城山湖急坂開始地点。

城山湖

城山湖。

テニスコート~発電所区間を34x27でクルクル回す。サドルを前に出したほうが、ケイデンスを上げて速度を出しやすくなるみたいです。これまでは、ギア比を重くしても軽くしてもケイデンスがほとんど変わらない事が多く、速く登ろうと思ったらギア比を上げるしか無かったのですが。

城山湖 城山湖

城山湖22%をダウンヒルして挙動確認。

城山湖

下ってすぐ、折り返して登坂。

34x24

34x24、シッティングで登坂成功。

サドルが水平になったので登坂時に骨盤から前傾しても尿道圧迫感無し。尻の違和感も今のところありません。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 59分23秒
走行距離 17.98km
平均速度 18.1km/h
積算距離 43615km

BASSO Viperで城山湖

BASSO Viperのポジションチェックをかねて城山湖に行って来ました。

法政大学通りを登坂インターバル。法政大学多摩キャンパスのある頂上まで全力で駆け上がり下りながら回復。
まぁ、頂上手前で19km/hまで落ちてしまいましたが…。

城山発電所ゲート前

17時閉門の城山発電所ゲート前。

テニスコート~発電所区間を時速11km/hで登坂、こちらもゲート直前で9km/hまで落ちてしまいましたが…。

サドル

前あがりのサドル。長めの水準器を前端-後端に乗せて水平にすると尻に痛みが出るので、前あがりにしていたのですが、サドルを前に出して、高くしたら尿道圧迫感がすさまじく…。
こりゃ乗ってられないな、と。

前あがりのサドルで登坂時に骨盤から前傾すると特に…。これまでは、それほど気にならなかったんですけどね。

城山湖

陽が暮れる前に撤収。

帰宅後、サドルを水平にセットし直し近所を試走。

サドルを水平にした事で座る位置が変わってしまったので、サドルを2mm後ろに移動し1mm高く。
サドル-ハンドル間距離477mm。後退幅34mm。
BB中心からサドルまでの距離65.5mm。この値は他を弄っても変わらないようで…。

ゆりのき通り、トヨタ東京自動車大学校の坂で登坂インターバルを繰り返し挙動チェック。
意図通り、ペダルが上がって来たら下に踏むので問題なし。もう少しサドルを前に出したほうが高い出力をだせるような気もしましたが…。

BONTRAGERのインフォームRLというサドル。実はどこに座るように作られているのかずっと謎でした。
やっとメーカーが意図した位置に座れるようになったのかな?という。

fi'zi:k ALIANTEに近い形状のサドルで、座る位置に凹みがありそこから腰を動かさない事を前提にした作り。サドルを水平にセットして痛くならない前後位置を探せばそれで良かったのかも…。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 1時間14分17秒
走行距離 23.58km
平均速度 19.0km
積算距離 43597km

BASSO Viper ポジション調整

RNC7。現在、後退幅30mm。ペダルが3時の時に膝から錘のついた糸を垂らしペダルの軸とあわせると膝がほんの少し前。極端な前乗りではないのかもしれませんが、やや前乗りですね。

前後に腰を移動しやすいANTARESだったからか、ペダリングしている内にサドルの前のほうに腰が動いてしまうので、その分サドルを前に出した結果落ち着いた後退幅です。

おそらく、その位置が今の私にとって適正な位置なのだろうと思います。

そして…。BASSO Viperに乗ってみたら…。平地なのに上死点でペダルを前に蹴りださないと進まない…。
RNC7とペダリングが極端に違うのも…。
サドルを3mm前に出したばかりですが、さらに5mm前に出す事にしました。

城山湖 城山湖

城山湖。

前に蹴りだすペダリングから上から下へストンと落るペダリングに変わりました。

下に踏むだけでいいので、上死点通過時には膝関節を伸展させ斜め前に踏み込み…といったごちゃごちゃした事をやらなくていいんですよね。
バイシクルライディングブック DVD BOOK p54

「より強く」を意識するのはダウンストロークでの0~3時の瞬間のみ。
股関節で腿を上げ下げし、3時以降は脚の重さでペダルが下がるように意識してはいますがそれほど難しく無い。

BASSO Viper ポジション調整

サドル-ハンドル間距離480mm→475mm。
後退幅32mm。

前回測定時40mmだったので、5mm前に出すと40-5=35mmになる筈ですが誤差?
前に出した分、BBからサドルまでの距離が短くなってしまうのでシートポストを3mm高く。
BBの中心からサドル先端145mmのところまで65.5cm。

あざみライン 富士山須走口五合目

くまさん1号さんと、あざみラインに行って来ました。

富士あざみライン - ルートラボ - LatLongLab
富士あざみライン

走行ルート。

自走、道志みち経由のあざみライン。

昨年、富士の三本締めであざみに行った時は、くまさん1号さんの車で須走まで行ってそこからあざみでした。
2010年に自走で行った時は3km近く押しました。

自走であざみなんて無理、と言われる事も多いのでどうなる事かと。

山伏峠

道志みち山伏峠。標高1100m。ついていこうと努力するものの、くまさん1号さんの背中が見えなくなり…。
そんなに登った気がしないのに都民の森と標高が変わらない。

トンネルを越えて山中湖側に出ると急に気温が下がりました。

須走のローソンで補給して、あざみライン登坂。

5km程登り脚が削られているような感覚があるのに馬返しはまだ先。
あざみラインは馬返しから先がきついんですよね。

5kmから8.5km地点あたりが激坂区間だったようで…。コースレイアウトをもう少し調べておけば良かったのかも。
昨年も登っていますが、細かなところは忘れていて。

馬返しまでは25Tで、馬返しから先は28Tで登りました。

頂上が近づくにつれ雨。濡れたグレーチングの上で踏むと滑る事は知っていたので、そーっと通過…するつもりがシッティングなのに後輪が少し滑りました。斜度があるからでしょうね。

1時間33分52秒

タイム1時間33分52秒。
遅い…。でも、自走で来たのに足つきなし蛇行なしで登れたので…。

富士山須走口五合目 富士山須走口五合目
富士山須走口五合目 富士山須走口五合目

富士山須走口五合目。標高2000m。

あざみライン 馬返し

下り時撮影。馬返し。道が険しくなり乗ってきた馬を返すので馬返し。
ここまでも急な坂ですが…この先が…。

あざみライン

下り時撮影。平地のように見える12%。

あとは246で帰るだけ…と思ったら。

谷峨駅方面からの大野山 谷峨駅方面からの大野山

谷峨駅方面から大野山に向かう坂。◎コンクリート舗装が出現したり…。

都夫良野地蔵堂

都夫良野地蔵堂。

セブン-イレブン松田惣領店

セブン-イレブン松田惣領店で休憩。

さすがにこの先は246をまっすぐ…と思ったら。

大井町篠窪の坂

大市町篠窪の急坂。渋沢の峠に向かう道。

獲得標高3300mになりました。

■出費

補給 2238円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間56分30秒
走行距離 184.11km
平均速度 20.5km/h
積算距離 43555km

mont-bell 秋冬グローブ3点セット届く

mont-bellオンラインショップに注文していた秋冬用グローブが届きました。

mont-bell サイクルグローブ

左から、ウインドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ、ウインドストッパー サイクルグローブ、サイクルトレーナーグローブ。

何れも、8月にアウトレットに扱いになった旧製品。
mont-bellは新作発表の直前に値下げするので、これから秋冬という時期に秋冬の商品が値下がりするんですよね。
冬の終わり頃に冬物一層セールをやっても良さそうな気もしますが…。

ウインドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ ウインドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ

ウインドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ

ウインドストッパー インシュレーテッド サイクルグローブ

内部。

指の部分に化繊中綿シンサレート入り。

12月から2月あたりの厳冬期はこれが無いとダメです。それ暑くないですか?と言われる事もありますが。
人差し指と親指にかけて厚めの緩衝フォーム。ロードバイクのSTIレバーを持つ事をより想定した作りになっているようです。

ウインドストッパー サイクルグローブ ウインドストッパー サイクルグローブ

ウインドストッパー サイクルグローブ。対応気温15℃から10℃あたり?

ウインドストッパー サイクルグローブ

内部。

サイクルトレーナー グローブ

サイクルトレーナー グローブ。春先、秋口用。

サイクルトレーナー グローブ

内部。

2012年モデルのウインドストッパーインシュレーテッドサイクルグローブと、ウインドストッパーサイクルグローブもアウトレットで買っていて、昨年一冬使っただけなので、まだめだった痛みはありません。

つまりアウトレットで安く買えるからといって今回買う必要は無かったのかも。

でも、定価で買うのも…。ポリウレタンが入っているので長期保存は効かないかもしれませんが、あと3年位は何とかなるでしょう。

次もアウトレットで買えば、つねに2年遅れの新製品が手元に…。都合よく売れ残っていたらですが。

RNC7ポジション調整

平地で速度をあげると腰が前に移動していき、サドルの幅広い部分を利用する事ができない。
登坂時にはサドルの前のほうに座る。それならサドルをもう少し前に出したほうが…。

クランク3時の位置のペダル軸より膝が前に出でてしまいますけどね。

RNC7 ポジション調整

サドル-ハンドル間距離492mm。後退幅30mm。
納車直後はサドル-ハンドル間距離498mmで乗っていたので6mm前に移動した事に。

RNC7 ポジション調整

こんなに前にサドルを出すのならオフセットゼロのシートポストでもいいのでは?と思うほど。

城山湖22% 城山湖22%

城山湖22%で挙動テスト。

サドルが前に出ると四頭筋への負担が増え、後ろだとハムストリングスへの負担が増えると言われていますが、股関節の伸展でペダルを踏む事ができているようだし…。

フレームのサイズが大きめなので、サドルが前に移動してもコックピット長は十分。

これでまたしばらく様子見です。
ロングライドをしてみないとポジションがあっているのかどうかわからないんですよね。

フォークのオフセットが50mmで一般的なロードより5mm長く90mmのステムを使っているので頭の位置が前輪に対して前に出るようなポジションにはなっていない。それでも、後輪への加重が多少抜け気味になるはずなので、ダウンヒルの時は腰を後ろに移動して対処しないとダメでしょうね…。

スプロケ清掃

スプロケットの清掃をめぐり議論に。

スプロケットが油で汚れているように見えるのが良好な状態という意見に対し、汚れているように見えるのは金属粉が混じっているからなので清掃するべきと主張。

すると、金属粉なら黒ではなく銀色になるはず、金属粉ではなくホコリ、金属粉だとしたらスプロケットが無くなってしまうという意見…。

スプロケットもチェーンもスチール製のものを使っているので、摩耗によりチェーンオイルに混ざるのは鉄粉の筈。

チェーンオイルに磁石を近づけてみたら?

ワイプオール スプロケット清掃

この写真は使い回し。ワイプオール X70でスプロケットを清掃。

スプロケットを清掃して黒くなった箇所にキャットアイのサイコン用マグネットを近づける。

磁力に反応 黒くなったチェーンオイル

磁力に反応し、ウエスが浮き上がる。

清掃したのは6月に納車された2ヶ月しか乗っていないRNC7のスプロケット。

スプロケットを清掃したウエスに磁石を近づけてみた - YouTube

コンデジで撮影した動画。

足柄峠 明神峠 牧馬峠 城山湖 獲得標高3200m

くまさん1号さんと山岳サイクリングを楽しんできました。

足柄峠 明神峠 牧馬峠 城山湖 - ルートラボ - LatLongLab
足柄峠 明神峠 牧馬峠 城山湖

走行ルート。

式波・アスカ・ラングレー サンテFXネオ

起床。サンテネオFX EVAアスカ02で目をシャキーンと。3時23分。

気温26℃

相模川を下り集合場所に向かう。気温26℃。5時15分。

足柄峠登坂開始

勾配12%、14%の標識がたびたび出現する足柄峠登坂開始。8時19分。
この時点でくまさん1号さんの姿はすでに見えず…。
善波峠でがんばった感じでは、張り合えそうだったのに。

足柄峠 足柄峠

足柄峠。9時2分。
くまさん1号さんを10分ほど待たせてしまいました…。

足柄峠

足柄峠を少し下ったところにある富士山絶景ポイント。9時16分。

明神峠登坂開始

明神峠登坂開始。10時22分。
距離6140m、標高差660m、平均勾配10.7%。
勾配17%、16%の標識あり。

三国峠 三国峠

明神峠をすぎてもそこは頂上ではなく三国峠まで登り続ける事に。
三国峠。11時22分。

くまさん1号さんを7分ほど待たせてしまいました。

明神峠は木陰無いので暑くて汗が大量に。
前回来た時より勾配が緩く感じられましたが、もっと速く登りたいのに速度が出せない。
結局のところ、きつい峠である事に変わりは無いという事みたいですね。

山中湖

ダウンヒルして、山中湖。11時34分。

道志みちを下り、そのまま帰るのかと思ったら…。

山のはちみつ

山のはちみつでジェラート。350円。

ここに来てしまったという事は…。

牧馬峠

牧馬峠登坂開始。14時51分。

牧馬峠

牧馬峠。14時57分。

根小屋の激坂

くまさん1号さんをさそって根小屋の激坂。16時2分。

津久井湖三井大橋

三井大橋。16時20分。

城山湖

城山湖。ゲートが閉まる直前すべり込み。16時57分。

帰宅後、サドルを3mm前に出し、サドル-ハンドル間距離492mm、後退幅30mmに。

■出費

コンビニ補給 2136円
ジェラート 350円
自販機 100円

合計 2586円

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 8時間38分14秒
走行距離 177.41km
平均速度 20.5km/h
積算距離 43346km

ゆりのき通りもがき練

7/13、有間峠に行った帰り、自宅手前700m地点でBASSO ViperのWH-6700の後輪スポークが折れてしまいました。
自宅近くだった事もあり、逆にラッキーだった訳ですが…。

WH-6700 スプロケット 取り外し WH-6700 スプロケット 取り外し

自転車店に持ち込む前にスプロケットリムーバーロックリング締付け工具+モンキーレンチでスプロケットを取り外し。
工具を買っちゃったけど使う事あるのかな?と思っていましたがホイールを買ったらスプロケを付けなければならないし、使用頻度高いです。

こんな作業をいちいち自転車店に依頼していたら時間がかかるし費用も…。

そのホイールの修理が終わり、やっと受け取り。

スポーク1本交換、修理代金1900円。

WH-6700 スポーク交換 WH-6700 スポーク交換

交換したスポークだけニップルが黒くなりましたが、それほど目立つわけでもなく、どのスポークが折れたのかわかりやすくてかえっていいような?

GP4000S タイヤ 切れ GP4000S スリップサイン

タイヤGP4000Sをよーく見てみると…。切れてますね…。

タイヤサイドと違ってベクトランブレーカーが入っている箇所なので、大丈夫だと思うんですけどね。スリップサインの穴が開いている位ですし。
テクノロジー|Continental|ミズタニ自転車株式会社

ベクトランブレイカー。ベクトランは液晶ポリマーにも使用されている化学繊維で、アラミド繊維よりも硬く、スチールの5倍という引っ張り強度を持っています。ナイロンの耐パンクシートと比較しても軽量なこのテキスタイルを、コンチネンタルでは耐パンクシートとしてロード用ハイパフォーマンス・タイヤに採用しています。

BASSO Viper

BASSO Viper。有間峠に行った時にも思いましたが、サドルが後ろ過ぎて…。

登坂時にはサドルの前のほうに座り重心補正どころか、平坦区間ですら後ろから前に蹴りだすペダリングになっていて、こんなだったっけ?と。

サドルを3mm前にだし、サドル-ハンドル間距離480mmに。
RNC7はサドル-ハンドル間距離495mmなので15mm差。

ゆりのき通り 登坂インターバル

ゆりのき通りもがき練。

サドルを3mm前に出しただけでもかなり違いますね。
後退幅43→40になりました。

和田峠ポタリング

RNC7で和田峠に行って来ました。

和田峠

登坂開始地点、陣馬高原下バス停。

タイムは計測開始地点の陣馬亭の柱が雪で倒壊してしまったので、柱の土台から。
計測区間を変えてしまうと、これまでより速くなったのか遅かったのかわからなくなってしまいますからね。

前半、きつい…。自転車をサボっていたツケなのか?この程度できついと感じてたらどうにもならないな~と。
後半は、タイムを気にしないでただ登るだけになりました。

頂上が近づいているに従って空が黒くなり…降られるのかなと思ったら降ってきました。

和田峠

頂上に到着した頃には本降りで、雨宿りしていたら雨脚がさらに強まりました。

タイム、22分21秒。長い間本気でTTしても23分台だった事を考えるとまぁまぁじゃないでしょうか。

和田峠 和田峠

滝のような雨。雨宿りできたので助かったものの…。

和田峠

路面に水が溢れて川のように…。

夕やけ小やけふれあいの里

ところが、夕やけ小やけふれあいの里まで下ってみると、なんとまぁ路面が濡れた形跡すらなく空を見上げてみると晴天…。
雨が降っていたのは和田峠の周囲だけだったようです。

RNC7で登った感想。やや前乗り、トップチューブが長めのセッティングがなかなかいいようです。
後ろから前へというペダリングでは腰の位置を固定するためにハンドルを引く事になりますが、上から下へなら上半身の重さで腰を固定できるので、腕に負担がかかりません。

バイシクルトレーニングブック

竹谷賢二氏が推奨している登坂フォームが取りやすいようにRNC7をセッティングしましたからね。

GP4000S2 GP4000S2

履いていったGP4000S II。Wiggle注文7/27で8/3に届きました。一週間で届くんですね。

Wiggle |タイヤ - ロード (クリンチャー) Continental - Grand Prix 4000S II


■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間7分5秒
走行距離 40.53km
平均速度 19.1km/h
積算距離 43169km

城山湖22%ポタリング

城山湖

RNC7で城山湖22%へ。BASSO Viperよりフレームが柔らかい事が原因なのか、34x28、マックスローでシッティングで登坂すると勾配の一番きつい区間で自転車が止まりそうに。

サドルを若干前にだした状態で、ステム90mmでも前傾が深くなるフレームサイズなので、登坂時の前輪の浮き上がりを制御しやすく、ダンシングに切り替えなくても比較的急な坂を登れる感覚があるのに、城山湖22%に関しては、BASSO Viperで登ったほうがすんなり登れるような?

乗ってみたら快適だった、速く走れるようになった、どちらかが無いとつまらない…。

今のRNC7のポジションで平坦ロングを走ると体幹で上半身を支えきれなくて、腕が疲れて腕の筋肉が足りなーいと泣き言を言いたくなる始末…。大きなパワーをかけるか自転車の前輪が上を向く坂なら問題ないんですけどね。

強い力でペダリングすると反力で上半身が浮き上がろうとするので、前傾が深くても腕に負担がかからないんですよね。
しかし、スプリント向きのフレームではないし…。
ステムを80mmにしてロングライド向きにセッティングし直すか、このまま行くか?

城山湖 城山湖

八王子盆地の底から城山湖まで登ればいつもは涼しいんですけどね。
湿度高すぎで、蒸し風呂状態。

城山湖

脇の坂を登って木陰で休息。

Continental GP4000S サイドカット Continental GP4000S サイドカット

落石だらけの林道を走ってサイドが切れたGP4000S。

せめて1年持って欲しかったです。チューブが顔を出している訳ではないのでまだ使えるのかもしれませんが、パンクしたタイヤを使い続けていたらチューブが顔を出していて何度もパンク、そして場所は山の中なんて事もありましたから、気になる状態のタイヤはできるだけ使わないほうがいいのです。

城山湖なら、万が一パンクしても自転車を押して歩いて帰ってこられる距離なのでなんとかなりますが…。

Wiggle | タイヤ - ロード (クリンチャー) Continental - Grand Prix 4000S II


数百円でも安く買いたいのでWiggleに注文。到着まで2週間くらいかかりそうですね…。