さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

バーストの恐怖

2010年からロードバイクに乗り始め、2015年までのパンクの回数3回。
サイドカットして3000km位でタイヤ交換になってはいましたけれど。

ところが今年は、6月4日、7月3日、10月16日と3回続けて前輪バースト。
スローパンクと違いバーストは即落車につながるので、一番避けなければならないトラブルなのですが…。

6月4日のバースト 6月4日のバースト

6月4日。登りだったので速度が出ておらず、「パシューッ」という大きな音がしてパンクしたもののチューブを交換し、タイヤブート貼り付けただけで何とか。
でも、これ下りの時だったら…と。

6月4日のバースト

チューブの様子。

バーストに近いパンクだったものの裂けてはいない。

7月3日のバースト 7月3日のバースト
7月3日のバースト 7月3日のバースト

7月3日。40km/hでダウンヒル中にサイドカットし前輪バースト、落車。
「パン!」という爆烈音を聞いた瞬間、落車を覚悟しましたが…。

多くの方が落車して愛車が廃車になったり骨折したりしている事を考えると、STIに傷が入り怪我をしたとはいえ、フレームは無事だし怪我も大した事は無く。
傷跡が今も痛みますが肥厚性瘢痕になり、何かにぶつかると痛みを強く感じるだけなので1年位経てば…。

Continental GRAND PRIX4 Season

Continental GRAND PRIX 4 Season。

痛い目にあったのでサイドカットに弱いGP4000S2ではダメだと思い、サイドにもブレーカーが入っている4 Seasonに履き替え。回転部分の最外周部が15g重くなり加速が鈍くなりましたが安心にはかえられないと思いました。

Continental GRAND PRIX 4 Season Continental GRAND PRIX 4 Season

ところがその4 Season でバースト。

10月16日。停車中だったから良かったものの、「パンッ!」という爆烈音とともに前輪バースト。
ダウンヒル中にバーストしていたら今頃こうしてブログを書いていないかも…。

チューブがバーストするとクリンチャーのタイヤは外れてしまいます。

「バーストしたら、慌てず上体を起こしエアブレーキを使え」と知恵袋で回答している方がいますが、転倒する可能性が高いのに頭の位置を高くするのは危険なのでは無いでしょうか。

転倒にそなえて受け身を取る事を考えるべき状況だと思います。
ハンドルを持ったまま横に転がるのが自転車の受け身の取り方ですが、前に飛ばされると…。

バーストしたチューブ

チューブの状態。

バルブのところから16cmほど裂けていました。

Panaracerのサイトの解説にあるバルブ引き上げ不足によるバーストだったのかもしれません。

バルブ

よくある質問 | パナレーサー株式会社より。

しかし、装着ミスの場合は空気を入れた直後にバーストする事が多い。7月20日にチューブとタイヤを再装着して10月16日まで約3ヶ月800km走行している事を考えると作業ミスにしては潜伏期間が長過ぎるような?

4 Season、やたらと簡単にリムに嵌まるタイヤだったんですよね。
逆にいうと外れやすい。

タイヤの問題なのか、作業の問題だったのか、チューブに問題があったのか…。

走行性を犠牲にして4 Seasonにしたにも関わらずバーストが起きたので、GP4000S2に戻して、サイドカットに注意しながら運用したほうがいいのではという結論に。

Panaracer RACE Aにも興味がありましたが、パンク率が高くトレッドの寿命が短く裂けやすい事がわかり…。

チューブレスにしてみては?という助言も頂いたのですが…。

Continental GRAND PRIX 4000S2 Continental GRAND PRIX 4000S2

Wiggle | ロード用レースタイヤ Continental - Grand Prix (グランプリ) 4000S II Reflex フォールディングロードタイヤ

8000円以上送料無料なので、タイヤブートとブレーキシューも一緒に注文。

MAXXIS ウルトラライトチューブ

チューブはMAXXIS ULTRA LIGHT TUBE ウルトラライトチューブ 700×18/28C 仏 48 mm

Amazonもヨドバシも品薄だったので、ワールドサイクル本店で注文。送料無料になるようにシフトケーブルも一緒に。

タイヤ関連のトラブルがあると一気に出費がヽ(´ー`)ノ

前輪バースト、あざみラインの下りで出る速度を考えるとそら恐ろしいです。

GP4000Sでバーストしたのは明確にサイドカットが原因だったので、サイドカットに気を付ける。
もし切れてしまったらパンクする前にタイヤブートを貼り付ける。
バルブ周辺のチューブ噛み込みにこれまで以上に気をつける。

これでどうなるか、すぐにわかる訳では無いのですが。

あと心当たりがあるとすれば、Continentalの輸入代理店のミズタニ自転車のサイトに記載されている推奨空気圧110PSIまで入れていたので空気圧が高すぎた可能性。

文字サイズ変更 13px→14px

ホームページの掲示板と掲示板の過去ログの文字サイズを13pxから14pxにしたかっただけなのですが、思っていた以上に作業が難航しブログの更新をする時間がありませんでした。
(本末転倒)

そしてブログのCSSを見てみると( ゚д゚)ハッ!

このブログの本文も13px…。これを14pxに変更するのは簡単だけれど、横幅も広げてやらないと読みにくいかもなぁ…となり、すると背景画像も広げてやらなきゃならないなぁと。

ホームページで使っているHTMLとCSSがごっちゃまぜのBBSNoteのスキンを弄るよりブログのCSSを弄るほうが見栄えとHTMLがわかれているので楽といえば楽なのですが画像も編集もしなきゃならないのが…。

と思いましたが、なんだ、画像の幅を30px広げるだけでよさそうじゃん…と作業にとりかかり。

Painter2016

Painter2016で編集してGIF形式で保存!

しかし、なぜか白い部分がグレーになる_□○_

Painter9で保存すると問題無かったので、Painter9で作業続行。
10年前のソフトのほうが基本性能がしっかりしているのって一体…。

でも、Painterは絵を描くためのソフトなので、このあたりの事を気にする人はPhotoshopを使えば…。
Photoshop Elementsの体験版今度試してみよう…。

横幅を広げトンボの位置を中央に

やっかいなの事に、トンボが中央にあるデザイン。
画像サイズの半分の長さの別な画像を作成し、それをものさし代わりにして中央の位置を出しトンボを移動。

しかし、思っていたほど大変な作業ではありませんでした。
画像編集といっても5枚しかなく、CSSをほんのちょっと書き換えるだけ。

本文の幅を、470px→495pxで25px、横幅全体は760px→790pxで30px広げ、背景画像もそれにあわせて30px広げ、CSSと画像ファイルをホームページがあるレンタルサーバ側に置き、このブログのCSSとして呼び出す形でカスタマイズ。

横幅を広げた背景画像をどこに置いたのかわからなくなる可能性が高いので、そんな形になりました。

ブログ背景画像
ブログ背景画像
ブログ背景画像
ブログ背景画像
ブログ背景画像

横幅を広くした背景画像。

ブルーの部分の元の画像は右側にむかって明るくなるようにグラデーションがかかっていて、Painterで256色で保存すると明るさの境界で段差。仕方がないので選択範囲をかけて均一色で塗り潰しました。

横幅が広がったので、画像のサムネイルも150pxから180pxに変更。

自分でカスタマイズしたのにいつもと見た目が違うので違和感がまだありますが、小さい文字は50才を超えるときびしいので仕方ありません。
13pxから14pxにしただけですけどね。

大きすぎても読みにくいのが…。

ただ、弄ったのはPC版のテンプレートなので、スマートフォンで閲覧されている方にはまったく関係なく。
そして時代はスマートフォンで、PCでブログを読む人激減中なのに何やっているんでしょう_□○_