さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

クリートが嵌まらない

天目指峠

天目指峠。

RNC7のPD-5800にクリートをステップイン→すぐ外れる。
そのため、当日朝になってあわててBASSO Viperにポンプ、ツール缶、サイコンを移動して飯能に行きました。

PD-5800 クリート ステップイン出来ない

帰宅後、ステップイン出来ない状態の再現テスト。
クリートの後ろ側が嵌っていません。

PD-R540-LA(ライトアクション) では問題なく、PD-5800ではステップイン出来ない。

ペダルの形が違うから?スプリングテンションの違い?
一週間前にPD-5800を装着したRNC7に乗った時は、GROWTAC クリート調整スペーサーを使っていなかったので、もしかするとスペーサーを入れたせいでステップイン出来なくなったのでは?と思いクリートからはみ出している部分をカット→変わらず。

スプリングテンションを最弱にしたら?ステップインできました。
しかし、これだとちょっと足を捻っただけでクリートが外れてしまうので、外れやす過ぎるのもダウンヒルの時に危ない。
2.5mmのアーレンキーでスプリングテンションを調整しながらステップイン、ステップアウトを繰り返し。

城山湖 リア19T

実走でトラブルが出ない事を確認するため城山湖へ。
テニスコート~発電所をリア19Tで登坂。

ビンディングの確認なので、ギア比がいつもより高めなのはその場の気分でしかありませんが。

PD-5800

PD-5800

城山湖22%

城山湖22%。

城山湖22% リア23T

城山湖22%をリア23Tで登坂。

真米トンネル

真米トンネルをハイケイデンスを意識して登坂するも、頂上近くできつくなる。

とりあえず問題なさそうです。

SPD-SLのペダルのスプリングテンション調整には2.5mmのアーレンキーが必要。
現在携帯している携帯工具には2.5mmが無いので買い換えるか別途2.5mmのアーレンキーをツール缶に入れるか…。
必要になる事がある…かも。

榎木峠 小沢峠 山伏峠 正丸峠 天目指峠 東都飯能CC

Team 山武者のメンバーで、飯能に行って来ました。

榎木峠 小沢峠 山伏峠 正丸峠 天目指峠 東都飯能CC - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

榎木峠

軍畑の坂、榎木峠。

山伏峠

山伏峠。

正丸峠 正丸峠

正丸峠。

天目指峠 天目指峠

天目指峠。

ターニップ ターニップ 焼きカレー

正丸峠、天目指峠をひとまわりしてターニップで昼食。
計算通り12時頃到着。

苦労坂 東都飯能カントリー倶楽部 苦労坂 東都飯能カントリー倶楽部

南下して、東都飯能CCの激坂。

内転筋、大殿筋に負荷。これまでこんなところが筋肉痛になった事なかったんですけどね。
いい事なのかそうでもないのか。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 5時間55分56秒
走行距離 129.02km
平均速度 21.7km/h
積算距離 49858km

「GROWTAC クリート調整スペーサー」でカント角調整

熱成形できるインソール、SHIMANO(シマノ) カスタムフィット インソール(RC9) を使えばカント角の調整は不要?走ってみればわかる事なので、140km走り、その直後に城山湖。

城山湖 城山湖

城山湖。

SH-RP200 SH-RP200

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ ブラック

インソールの交換で伝達力はあがったものの、拇指球よりも小指球に負担がかかりすぎているような?
そして、膝の外側に痛み。

BIKEFIT クリートウェッジ

SPDシューズで使用していたバイクフィット クリートウェッジ 2穴

100km走ると膝の外側が激しく痛み、どうにもならなかったのでクリートウェッジでカント角を調整。
しかし、クリートウェッジは高いし、SPD-SLのクリートよりさらに大きなスペーサーを入れるのも…。

金属のワッシャーをクリートの下に挟む、クリート取付ボルトが斜めに入って破断したりクリート取付ボルトが緩む可能性は?
樹脂を切って自分で作る、0.5mm厚でかつ上記のような問題が起きないように作れるか?

GROWTAC クリート調整スペーサー GROWTAC クリート調整スペーサー

面倒なので、GROWTAC クリート調整スペーサーを買いました。

GROWTAC クリート調整スペーサー

拇指球側に0.5mmのスペーサーを1枚いれ、カント角を調整。

城山湖 城山湖

試走。

リア19T

リア21Tに入れたつもりだったのに19Tで登坂していました。
それにしては、足裏への負担を感じない。

膝の外側の痛みは出ず、かわりに膝の内側、鵞足に違和感。
つま先がまっすぐの状態で屈伸をすると膝が内側に入り、つま先が少し開いた状態で屈伸すると膝がまっすぐ上下するO脚なので、つま先がもう少し開くようにクリートを取り付けたほうがいいのかもしれません。

雛鶴峠 道坂トンネル 道志みち 半原越

くまさん1号さんと、雛鶴峠、道坂トンネル、道志みち、半原越。

牧野

まっすぐ進むと牧馬峠。右折して雛鶴峠方面へ。

新雛鶴トンネル

何度か来ているのに距離感がわからず、思っていたより長い登りに苦戦。

雛鶴峠 タイム

売店のあたりからのタイム。ただし信号停止で止まるサイコン読み。

道坂トンネル 道坂トンネル

道坂トンネル。

足は回るものの、距離があり我慢比べのような。

青根 Team UKYO 前

道志みちを下り、青根から道志ダム、Team UKYOの前を通り、再度道志みちへ。

半原越 半原越

宮ヶ瀬湖から土山峠を下り、リッチランドからの半原越。

国道412号

半原越をくだったところでくまさんと別れ帰路、国道412号。
馬渡大坂、高田橋、三増峠経由のほうがよかったかも…。

根小屋の激坂

おまけ、根小屋の激坂。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間10分21秒
走行距離 140.68km
平均速度 19.6km/h
積算距離 49729km/h

「SHIMANO カスタムフィット インソール RC9」3日目

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9

カスタムフィットインソールのアーチサポートで拇指球、小指球だけでなく土踏まずで靴を押し下げる事ができるようになり、力が逃げなくなった。

城山湖 城山湖22%

いつもよりするする登れる。ただし、体への負担は増えた。
城山湖22%の頂上で酸素負債により数分間呼吸がみだれたまま。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9

小指球近くに違和感を感じたためカスタムフィットインソールを疑ったが、シューズ付属のインソールに戻しても同じ。
問題があるとしたらシューズ。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9

つま先の前側パッドを取り外してテスト。

城山湖22%

城山湖22%登坂。
シューズの中で指が安定しない、大きな力で踏み込めない。

帰宅後、両面テープで再度貼り付けてみたものの十分な接着力が得られなかったため、プラスチック用強力接着剤で接着。

SHIMANO(シマノ) カスタムフィット インソール(RC9) 42-43.5 ESMSHRC9INCF435

「SHIMANO カスタムフィット インソール RC9」DIY

注文していたSHIMANO カスタムフィット インソール(RC9)が届きました。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 アーチパッド
SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 滑り止め SHIMANO カスタムフィットインソール RC9

厚みが異なる二種類のアーチパッド、すべりにくい表面。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 大きさを合わせる

RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズのインソールと重ねてサイズを確認しながらハサミでカット。
シューズ43、インソール42-43.5。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 カットしてシューズに入れてみる

試しにシューズに入れてみる。

アーチパッドを貼り付けて熱成形

アーチパッドを取り付けた状態で熱成形。

前側のパッド

前側のパッド。

パッドと熱成形でカント角の補正もできていたら…。

SPDのシューズはバイクフィット クリートウェッジ 2穴を使ってカント角を補正していました。100km走ったら膝が痛くなっていたのがこれで改善。

インソールがその役目を果たしてくれるのなら…。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 ドライヤーで加熱してシューズへ

ドライヤーで加熱してシューズに入れてつま先に圧力をかけましたが少し変形しただけ?

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 フィット感の確認

フィット感の確認。

城山湖 城山湖
城山湖22% 城山湖22%

1時間ほど走ってみました。

シューズの中で足が前後に滑りません。
足に対してシューズが大きく、踵に指が入るほどだったんですけどね。

アーチパッドによるアーチサポートで、拇指球と小指球に集中していた圧力が分散。
登坂時にギアを重くしてもペダルをしっかり踏み込む事ができました。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 ペダリングによる圧迫でついた足型

熱成形では十分に出なかった指の形がインソールに。

SHIMANO カスタムフィットインソール RC9 ドライヤーで再度加熱

再度熱成形。

インソールをドライヤーで加熱→シューズに入れないで床にインソールを置き指を押し当て。

SHIMANO(シマノ) カスタムフィット インソール(RC9) 42-43.5 ESMSHRC9INCF435

「SHIMANO カスタムフィット インソール RC9」を注文

1時間で帰ってこられるいつものコースを走ってきました。

城山湖 城山湖

城山湖。

城山湖22%

城山湖22%。

SH-RP200 RP2

シューズは、RP2 SH-RP200 SPD-SL シューズ ブラック シマノ シューズ

サイズ43

サイズ43(27.2)。インソールに足を乗せるとつま先が1cm余り…。
2009年にショップで試し履きして買ったMTB用シューズは43でも小指が圧迫されていましたが、2011年頃SHIMANOが足型を変更したらしく2013年に購入したSH-XC30はつま先に余裕が。

RP2もXC30もほぼ同じフィット感。
42を買えば良かったのも。

シューズが大きめなのでクリートの位置は一番後ろ。

SHIMANO(シマノ) カスタムフィット インソール(RC9) 42-43.5 ESMSHRC9INCF435


靴の中で指が落ち着かないのを何とかしたくて、熱成形で足型を取る事ができるSHIMANO カスタムフィットインソールを注文。
CUSTOM-FITインソール (RC9)

2倍の密度を持つこのカスタムフィットインソールは、ライダーが加える圧力を均等に分散させ、パワー伝達効率や快適性を向上させます。 適応性に優れた高さの異なるアーチパッドがアーチサポートを最適化します。 スリップ防止面がライダーの足を固定し、ペダリング効率を最適にします。
SHIMANO(シマノ) カスタムフィット インソール USPのほうが安くて、インプレも多いのでどうしようかな?と思いましたが、サイズ43が品薄だったので、カスタムフィットインソール(RC9)。
適合表にちゃんとSH-RP200も入っていました。廉価シューズに高級インソール…。

城山湖ポタリング

BASSO Viperで城山湖に行って来ました。

城山湖 リア21T

テニスコート手前。急坂開始地点。

城山湖

発電所手前の急坂。

リア21T

フロント34T、リア21Tで登坂。

もっとギアを軽くしてケイデンスをあげたほうが速く登れるのかもしれませんがギアが足りなくなるような激坂への耐性を付けるためギア比高めで。

城山湖

城山湖。

城山湖 桜 城山湖 桜
城山湖 桜 城山湖 桜

城山湖周辺の桜。

城山湖22%

城山湖22%。

BASSO Viperの現在のポジション。
シートクランプ部からサドルレールまで136mm、サドル先端からハンドルクランプ部まで475mm。

城山湖の桜が開花

BASSO Viperで城山湖に行って来ました。

法政大学多摩キャンパス

法政大学多摩キャンパス前の桜。

城山かたくりの里

城山かたくりの里。

城山湖の桜

城山湖。

城山発電所 桜 城山発電所 桜

城山発電所。

本沢梅園 桜

本沢梅園。

城山湖22%

城山湖22%。

PD-R540-LA

SPD SLペダル PD-R540-LA(ライトアクション)

RNC7に、PD-5800を取付けて、PD-R540-LAをBASSO Viperに付けましたが、このペダルあまり良くないですね。

PD-R540-LAはクリートが嵌まらずペダルの裏を踏んだ時滑りやすい、PD-5800と違いペダルとシューズとの一体感が無い。
中途半端なペダルです。

それでも、両面SPD+MTB用シューズより160g軽くなるのですが…。

最初から105のPD-5800を買って、BASSO ViperはSPDと使い分けたほうが良かったのかも。
SPDならクリートの消耗を気にしせず歩けるなどのメリットが。

PD-5800で和田峠

ペダルをPD-5800に交換したRNC7で和田峠。

和田峠 登坂開始地点 陣馬高原下バス停

和田峠登坂開始地点、陣馬高原下バス停。

タイム短縮は意識せず登るだけと思いながらここまで来ました。

和田峠 平均勾配10%

下り時撮影。和田峠の急坂。

登るだけできつい峠なのでさらにタイムを気にしはじめると…。

しかし、いつもと違って踏むと進むので、もしかしたらいいタイムが出せるのではと思い結局全力でTT。
そして前半で力を使い果たし、後半どうにもならないかと思いきや筋肉に余裕。
ただし、きつい事には変わりなく呼吸循環器系への負荷はいつもより大きい。

和田峠

和田峠。

和田峠 タイム20分48秒

タイム20分48秒。

前回、PD-R540-LA(ライトアクション) で全力でTTした時のタイム、22分53秒。

PD-5800

PD-5800にペダルを交換して2分5秒短縮。

機材がよくなるとより追い込む事ができるようになるんですね。
体への負荷はいつもより大きく、頂上で倒れ込んでいました。

8mmペダルアーレンキー

PD-5800をクランクに取り付けるには8mmのアーレンキーが必要。ペダルレンチを使うことが出来ません。

パークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

普通の8mmのアーレンキーは短すぎるし力を入れにくいので、ペダルレンチの代わりになる十分な長さとグリップのあるパークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8を用意。

そして、グリップをしっかり握り、ペダルの反対側を足でしっかり踏み全体重をかけてペダルを締め込んだら…。

パークツール(ParkTool) ハンドル付ヘックスレンチ サイズ:8mm HT-8

レンチの角が削れました。

後輪のブレーキをかけて増し締めする程度で良かったんでしょうね。
角が削れたレンチでもペダルの脱着はできるものの…。

HAZETのヘックスのソケットを使うと精度が高くていいようなのですが…。
思っていたよりスピンナーハンドルが重かったので見送りました。
ペダルが固着してはずれなくなっら導入するかも…。

あと、大型のトルクレンチを持っていないので、スピンナーハンドルを使ったら締めすぎてしまいそうなのが…。
グリップ付きでもアーレンキーならしなるので、それ以上締まらない、ペダルの六角穴は無事で削れるのは工具側。

SPD-SLのペダルを交換 PD-R540-LA → PD-5800

PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖

RNC7のペダルを交換しました。

SHIMANO SPD-SL PD-R540-LA

スプリングテンションが弱く、ビンディングを解除しやすいPD-R540-LA(ライトアクション) を立ちごけを警戒して購入。

しかし、多くの方が書いているようなSPD-SLのシューズとペダルとの一体感があまり感じられず。

もしかして…、グレードの低いペダルだからあまり違いがわからなかったのでは?という疑問が浮上。
レースでの使用を想定した105以上の製品で比較しないと、SPD-SLの評価にならないのでは?

SHIMANO SPD-SL PD-5800

PD-5800

買ってしまいました。

PD-5800

出荷時のスプリングテンションは中強度。ガッチガチでした。
しかし、最弱にするると思っていたより緩く。

ライトアクション、最弱から8クリック=PD-5800、最弱から3クリック。
ステップイン、ステップアウトともに問題ありません。

PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖
PD-5800 城山湖 PD-5800 城山湖

PD-5800で城山湖。

PD-5800のほうが、ペダルとシューズとの一体感があり、ペダルの剛性があるからなのか踏むと進むのでさらに踏んでしまい、城山湖22%の頂上手前で脚が売り切れ。なんとか頂上まで。

ペダルを交換しただけでこれ。ガチガチのカーボンフレームに乗ったら…。

機材をグレードアップしたら楽になるかというと…より速くなって体への負担は増えていくのかもしれないですね。
フレームが柔らかいクロモリなので、まだ何とかなっているのかも。

SPDシューズ SH-XC30

和田峠

夕やけ小やけふれあいの里

夕やけ小やけふれあいの里の電光掲示板。
陣馬高原下-和田峠、幅員狭し通行注意。

和田峠の路面が雪で埋まっているという情報が数日前にあったのでその確認をするために来ただけだったのですが…。

和田峠 23分31秒

積雪も凍結も無かったので途中からTTモードで。
タイム23分31秒。

SPDのペダルとシューズがものすごく重く感じられ。
ただ、その重いシューズとペダルで7年も乗って来たのに今更という気がしないでも…。

MTB用シューズ SH-XC30

SH-XC30。

PD-5800を注文してしまったので、RNC7に、PD-5800を取り付け、RNC7からPD-R540-LA(ライトアクション)を取り外してBASSO Viperに取付ける事に。

ロードバイク2台ともSPD-SLにするとSPD専用シューズSH-XC30を使う機会が…。
まだ十分使えるのにもったいないような?
でも、4年使ったからいいのかな。

夕やけ小やけふれあいの里

思っていたより寒く夕やけ小やけふれあいの里で缶コーヒー。