さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

RNC7のステムを80mmにする

タイオガ シム タイオガ シム

注文していたタイオガの35mmのシムが届きました。
1インチコラムに、シムをかぶせて、1-1/8(28.6mm)のステムが使えるようにするためのパーツです。

クロモリの1インチのアヘッドのための小物は…。
オーバーサイズが標準になっているので、あまり多くは流通していみたいですね。

というか、コラムがオーバーサイズならシムを買う必要がないんですよね。

RNC7 1インチ アヘッド

前回開けた時程ではなかったものの錆がでていたので、ラスペネをしみこませたワイプオールで錆を落として、グリスを塗ってワイプオールで軽く拭き取りました。

RNC7 1インチ アヘッド

下25mm分のコラムスペーサーを入れて…。

RNC7 1インチ アヘッド

高さ35mmのシムを入れました。

これまで使っていたシムは高さ38mmでステムが3mm短くなったため、1mm突き出してしまっていました。
38mmのステムに35mm。2mm足りませんが、40mmのステムに38mmのシムを使っていたぐらいですから…。

RNC7 1インチ アヘッド

NITTO ステム UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラックを装着。

RNC7 1インチ アヘッド UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラック

1インチ2mmのコラムスペーサーの上に10mmのコラムスペーサーを乗せて、スペーサーとコラムの落差を確認。

これぐらい落差があれば、ヘッドのガタはでない筈…。

RNC7 1インチ アヘッド NITTO ステム UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラック RNC7 1インチ アヘッド NITTO ステム UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラック

ガタが取れました。

オーバーサイズなら2mmのコラムスペーサーが手に入るか入らないか心配する必要はないし、シムの長さがあうあわないという問題も起きない訳で…。
細身のクロモリに好きで乗っているので仕方がありませんが、オーバーサイズのアヘッドより手間がかかるのが…。

ANCHOR RNC7 ANCHOR RNC7

4mmのアーレンキーをサイクルジャージのバックポケットに入れ、ハンドルの角度を微調整しながら近所を試走。

UI-85BX 角度82°、UI-87BX 角度85°なので、ステムが上向きになってハンドルの位置が高くなる…と思っていたのですが、ステムハイトが40mmから37mmになって3mm低くなったからなのか、以前より少しハンドルが低くなったような気がします。

ステムハイトが3mm短くなるとコラムは斜めなので、ステムの位置が低くなる。するとその分ハンドルが遠くなる…。
90mmを80mmにしたから10mm短くなったのかというと…。
あれ、5~6mm近くなっただけかな…という。

でも、乗った感じこれはこれでいいのかな…と思いました。

バイクハンド コンパクトトルクレンチ バイクハンド コンパクトトルクレンチ

全部M5になってしまったので、5N·mで固定しました。
でも、5N·mだと少し緩め…なのかもしれません。

定期的に緩んでないかチェックしたほうがよさそうです。

バイクハンド コンパクトトルクレンチ

ちなみに、BIKE HAND(バイクハンド) YC-617-2Sコンパクトトルクレンチは、トルクの設定を一番弱くするとどこまで締めても首をふってくれません…。

測定できる範囲(2N·m)から外れているからそういう動作になるだけで製品の不良ではないのでしょうけれど、一番弱くしているから安心して締められると思って締めると、締めすぎになるので注意が必要です。

ステム80mm化計画進捗状況

Dixna リードステムではなく、NITTO ステム UI-87BX CNC UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラックを使う事にしました。

ステムハイト40mmのステムから、37mmのステムに交換になるので、1インチのコラムで1-1/8のステムを使うためのシムを短いものに交換し、ステムハイトが3mm短くなるのでスターファングルナットでフォークを引き上げるための落差を2mmのコラムスペーサーで確保。
これで何とかなりそうです…。

ヨドバシ.comをみてみたら…。
送料無料で1インチ2mmのコラムスペーサー。

送料無料なのに翌日配送…。Amazonで送料払って買う必要ないですね。

ダイアコンペ 1インチ コラムスペーサー ダイアコンペ 1インチ コラムスペーサー

しかし、2mmのコラムスペーサーを注文した筈なのに、thickness(厚さ) 5mmにチェックが入っていて…。
バーコードのところには2mmの印字…。
2mmのラベルを貼り付けた5mmのコラムスペーサーでした。

3mmおまけしてもらっても…。

DIA-COMPE Aluminum Spacer 1インチ・2mm・ブラック

仕方がないのでAmazonで買いました。

ダイアコンペ 1インチ コラムスペーサー ダイアコンペ 1インチ コラムスペーサー

左5mm、右2mm。

UI-87BX シム コラムスペーサー

ステムハイト37mm、シム38mmで1mm突き出てしまっています。
TIOGA ステアリング コラム シムが35mmのようなので注文、到着待ちです。

UI-87BX シム コラムスペーサー

2mmのコラムスペーサーを乗せて…。

UI-87BX シム コラムスペーサー

10mmのスペーサーを乗せてみました。

この状態で、スペーサーとコラムの落差約3mm。
シムの余分な突き出しがおそらく1mmなので、落差2mmになりそうです。

これで、アヘッドのガタが取れれば、問題ないのですが…。
シムが届かない事には調整のしようがありません。

明日かあさってには届く予定です。

前カゴのガタ

あさひのシティサイクル クリシェの前カゴがどうも最近ふにゃっとしていて…。
2リットルのペットボトルを3本=6㎏入れて走るとカゴがふにゃふにゃする。
カゴが破断したか、つっかえ棒が曲がったか…。

カゴを観察してみると…。

スレッドヘッドのロックナットが完全に緩んでいて手で締められる状態…。
前カゴのステーもここで固定しているので、前カゴにガタがでていたようです。

ちょっと待ってください…。

あさひクリシェ スレッドステム 前カゴ あさひクリシェ スレッドステム 前カゴ

この自転車、ロックナット以外にヘッドの玉あたりを調整しているパーツあるのかな…。
どうも、無さそうですね。

ヘッドがガタガタの状態で乗っていた事になりますね。

あさひクリシェ スレッドステム 前カゴ あさひクリシェ スレッドステム 前カゴ

ロックナットを締めたので、重い食品を入れても大丈夫。

確かに前カゴ的にはそうなのですが…。

パールイズミ2386ウィンドブレーカーを購入

PEARL IZUMI 2386 ウィンドブレーカーを購入しました。

パールイズミ2383ウィンドブレーカー 2386ウィンドブレーカー

左、2383ウィンドブレーカー、右、2386 ウィンドブレーカー

残念な事に、新しく購入した2386のほうが約30g重く畳んだ時のサイズも少し大きいようです。

2300 ウィンドブレーカーを買うべきだったのか…。

パールイズミ 2386 ウィンドブレーカー 再帰反射材 パールイズミ 2386 ウィンドブレーカー 再帰反射材

2386ウィンドブレーカーの再帰反射材。
2383は背面に再帰反射材があるだけでしたが、2386は腕にもついています。

パールイズミ 2386 ウィンドブレーカー ポケッタブル仕様 パールイズミ 2386 ウィンドブレーカー ポケッタブル仕様

収納方法はこれまでと同じで、内側に縫い付けてある袋をひっくりかえして押し込むだけ…。

2383は脇にメッシュのベンチレーションがありましたが、2386にはベンチレーションがないようです。

ベンチレーションが無いのは…。
パールイズミのウィンドブレーカーを買うなら多少高くても2300 ウィンドブレーカーのほうが良かったのかも。

もっとも、真冬でもウィンドブレークジャケットの上にウィンドブレーカーを着るのは氷点下の早朝に集合場所までだったりしますから、2386の使いみちもそれなりにあるのかな…という気もします。

NITTO UI-87BXのステムハイト

注文していたNITTOのステム、UI-87BXが届きました。

ロードバイク用ステム NITTO UI-87BX ロードバイク用ステム NITTO UI-87BX

NITTO(日東) ステム UI-87BX CNC UI-87BX-80 φ26.0 φ28.6 ブラック

これを組み付けて走ってみましたとブログに書こうと思っていたのですが…。

ヘッドパーツのガタが取れません。
よくみてみると…。

ロードバイク用ステム NITTO UI-87BX シムのほうが1mm長い

1インチのコラムで1-1/8のステムを使うためのシムのほうがステムより1mm長いようです。

ステムハイトを調べても情報がでてこなかったので、40mmだろう…と思っていたのですが。

シムがステムより1mm長いという事は、シムの長さは38mmなので、ステムハイトはおそらく37mm…。
これまで使っていたUI-85BXのステムハイトは40mmなので、3mm短い。

コラムが長いのでガタが取れない コラムが長いのでガタが取れない

シムを抜いて試しに付けてみると…。
やっぱりガタが取れません。

という事で、ディズナ リード ステム 26.0mm 84° ポリッシュBK 【自転車】【ロードレーサーパーツ】【ステム】【ディズナ】を注文。

ステムハイト40mmと明記してあるので、大丈夫でしょう。

しかし、注文してから気がついた事が…。

TIOGA(タイオガ) ステアリング コラム シム

35mmなので、37mmのステムに適合。

DIA COMPE(ダイア コンペ) ヘッドコラム スペーサー 1インチ(φ25.4) 3mm カーボン

40-37=3mmなので、これを使えば…。

でも、1インチ、3mmのスペーサーは検索してもなかなか出てこない。
コラムカットをすると元に戻せなくなってしまうし、3mmのコラムスペーサーは入手性が悪い。

やはりコラムハイト40mmのステムに交換…で良かったのでしょう。

と思ったら…。

UI-85BX ステム 80mm

これまで使っていたステムと同じ型番の80mmのステムがありました…。

これを買えばよかったのでは?

しかし、同じNITTOなのにステムハイトが違っていて、サイトにステムハイトの情報がないのって…。

まぁ、1-1/8なら3mmコラムスペーサーを簡単に入手できますからね。
クロモリに乗っている人の事を考えてそうなNITTOさんなのに…。重量減をねらった結果なのかもしれません。

P.S
ダイアコンペ アルミ製スペーサー 厚さ 2mm 1インチ
2mmのスペーサーで対応できたかのかも…。