さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

高千穂遙氏の小説「ヒルクライマー」に出てくる牧馬峠まで行ってきた。

高千穂遙さんの小説「ヒルクライマー」に出てくる牧馬峠に行ってきました。

大垂水峠を越えて相模湖まででればすぐなので、近場といえば近場です。
でも12%の勾配らしく、どの程度きついのかわからない。
とりあえず、行くだけ行ってみる事にしました。

牧馬峠 Googleマップ

県道518号線 県道517号線

県道518号線と県道517号線の分かれ道。
ここまでくるだけで、かなりアップダウンがあったような気が…。
まだまだこれからだったようです。

牧馬峠 勾配12% 牧馬峠 勾配12%

勾配12%の標識。

この標識だけは写真におさめておきたかったので、自転車を降りました。

この標識の手前まではそれほどきつい坂では無いので、足をついてしまったという感じはありません。

いざ、12%の峠を登り始めてみると、立ちこぎ(ダンシング)無しでは登れそうにない感じでした。ローディの方が、やはりダンシングしながら追い抜いていきました。

思ったほど勾配のきついところが長くなかったので、無事登り切りました。

あとはダウンヒルだけ?と下りに入りしばらくすると視界が開けて…橋?

渓谷

いい眺めの渓谷です。

問題は、この渓谷の先がさらに上り坂…。
その上り坂はそんなに長くは無かったので助かりましたが。

牧馬峠に行くために大垂水峠も登りましたが、脚が売り切れる事もなく今日のポタリングは無事終わりました。

ヒルクライマー
ヒルクライマー
posted with amazlet at 09.09.13
高千穂 遙
小学館
売り上げランキング: 261
おすすめ度の平均: 4.0
4 ローディにも色々あるんですね
4 いい小説だ
5 乗っているからこそ書けるリアリティ
3 SBな物語


■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 2時間55分46秒
走行距離 54.92km
平均速度 18.7km/h
最高速度 51.4km/h
積算距離 8210.6km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

高千穂遙氏の小説「ヒルクライマー」に出てくる牧馬峠まで行ってきた。へのトラックバック