さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

八王子、大宮往復118km

大宮までロードバイクBASSO Viperで行ってきました。

荒川 入間川 上江橋

大宮の手前の入間川と荒川にかかっている上江橋。
この橋を過ぎればもう大宮。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ 150プラス サドルバッグ AS821のテストもかねて走りました。

リクセンカウル マイクロ150プラス リクセンカウル マイクロ150プラス

思っていたより腿とサドルバッグとの距離はとれていました。
ペダルの上でかかとを下げるとちょっとだけあたってしまいますけど、それはもうしょうがないですね。

ドイターレースのレインカバー

帰路は雨だったので、ドイターレースにレインカバー。

deuter(ドイター) バックパック レース ファイアー×シルバー (D32009-5470) ≪BIKE リュックサック≫ Amazon

ロードで使うデイパックは最近はこれだけになっています。

横の網ポケットに500mlのペットボトルを挿しておけるので、ダブルボトルにしたくてもボトルケージがツール缶で埋まっている時にも重宝します。

補給ポイントが無い時は食料を入れて走ったり。

ちょっとした用事ででかけるときも荷物が少ない時はザックが重いと嫌なのでこれですね。

リクセンカウル マイクロ150プラス リクセンカウル マイクロ150プラス

リクセンカウル マイクロ150プラス。

雨の日にはじめて使いましたが、下側は汚れを落としやすい素材なので泥はねで汚れても大丈夫でした。
開閉するチャック近くは水が入りやすいようですが、奥のほうはそれほど濡れないようです。

国道16号 雨 国道16号 雨

雨の国道16号。
小雨だったのでまだ良かったんですけど、冬の雨って冷たいですよね。

リクセンカウル マイクロ150プラス

かなり帰ってきたあたりで、サドルが腿にあたるので止まって確認してみたら、アタッチメントがずり下がってきていました。

ここまでサドルバッグが前に出て来て角度が平行に近くなるとさすがにペダリングのたびに腿にあたってしまいます。

リクセンカウル サドルアタッチメント リクセンカウル サドルアタッチメント

帰宅後アタッチメントを取り外して加工。
パンク修理用のパッチを貼り直しました。

パンク修理のパッチは剥がれてきそうなので、パワーテープでも貼ってみようかな?と思っているところです。

何も貼ってないよりは、何か貼り付けておいたほうがたぶん固定力が強くなると思うんですよね。

クロモリフレームにラスペネ

雨の日に乗ったら、シートポストを抜いて水置換性のあるWAKO'S(ワコーズ)RP-C ラスペネを注入するようにしています。
クロモリフレームの錆び防止です。

出荷時にラスペネをいれて防錆コーティングしてくれる店もあるぐらいですから、自分でフレームに注入してもまぁ大丈夫でしょう。
ラスペネを吹くと水抜き穴から出てくるので、内部にラスペネが貯まってトラブルになる事もなさそうです。

ラスペネ注入はあくまでもクロモリフレームの場合の話しです。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 5時間5分24秒
走行距離 118.45km
平均速度 23.2km/h
積算距離 24788km
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

八王子、大宮往復118kmへのトラックバック