さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

炎天下、風張林道を汗まみれになりながら登る

モル君さんと梅ノ木峠と風張林道に行ってきました。

昨日の東京の最高気温は34.5℃。
猛暑日は35℃以上なので、分類上は真夏日になりますが34.5℃なので限りなく猛暑日に近い気温でした。

山岳は標高が高くなるので多少涼しくなりますが、それでも暑かったです。

梅ノ木峠 風張林道 - ルートラボ - LatLongLab

走行ルート。

ルートラボによれば獲得標高2492m。

梅ノ木峠 梅ノ木峠

梅ノ木峠標高630m。

和田峠なら35回以上登っているので、ペース配分がわかりますが梅ノ木峠は…。
和田峠のような急勾配はありませんがじりじりと心肺に来ました。

つるつる温泉までは、モル君さんをかなり引き離していた筈が急勾配地点で追い越され、追い越された後は追いつく事ができませんでした。

ちとせ屋

ちとせ屋さんでとうふソフトを食べました。

藤倉交差点

藤倉の分岐の手前に自販機があったので補給。
この分岐を左へ行けば風張林道。

風張林道 風張林道

風張林道TT開始地点。きのこセンターまで1.5km。
きのこセンター手前が一番の激坂地点です。

風張林道 終点 風張峠

風張林道を登り切ると、奥多摩周遊道路の風張峠。
写真は林道のゲートの内側。

それにしても、暑かったです。
あまりに直射日光が強烈だったので、しばらくたっても来なかったら救急車をと半分冗談、半分本気で言っていたほどでした。

きのこセンターまでの激坂は何とかなりましたが、その先もずっと続く林道が暑い、ボトルの水は途中で空。

木陰のある箇所をみつけてはそこに入ってゆっくり走行。

平坦な箇所が何カ所もあるので、そこをゆっくり走って心拍数を何とかしようと思いましたが、すぐ登りなのでまた心拍数があがって最期のほうは、奥多摩周遊道路から聞こえてくる自動車の音を聞いて、もうすぐ…あとちょっとと、いつもと同じように自分に言い聞かせなんとかゴール。

45分30秒でした。

都民の森

都民の森で団子を食べるはずがその元気が残っていませんでした。

モル君さんと話していて、ろれつが回らなくなっている事に気がつきました。
軽い熱中症にかかっていたのかもしれません。
熱中症 - Wikipedia

熱疲労
原因 多量の発汗に水分・塩分補給が追いつかず、脱水症状になったときに発生する。
症状 症状は様々で、直腸温は39℃程度まで上昇するが、皮膚は冷たく、発汗が見られる。

おそらくこれの一歩手前だったんだろうと思います。そこで自販機でドリンクを買ってペットボトル500ml、2本合計1Lを一気に空けました。

しかし、いくら水が欲しくても、激しい運動をしたあとに一気飲みは良くないようですね。
ボトル一本で足りない時は、バックポケットに500mlのペットボトルを入れて走って、必要な時にボトルに移し替えて補給したほうがいいみたいです。

風張峠の気温27℃

標高1000mの風張峠の13時30分頃の気温27℃。

奥多摩湖に下って、のんき屋で食事。
ラーメンがおいしい店ですが、ざるそばを注文。

体調的に油ものは食べない方がよさそうだったので。

昼食後は、青梅方面へ。
軍畑を経由して梅ノ木峠をダンシングで切り抜け、武蔵五日市でモル君さんとわかれ、いつものルートで高尾に帰還しました。

帰宅時の体重70.7kg。
月曜の朝の体重が75.6kgだったのでほぼ5kgの変動ですね。

■サイクルコンピュータのデータ

走行時間 7時間19分38秒
走行距離 141.03km
平均速度 19.2km/h
積算距離 29639km

コメント

この記事へのコメント
自販機
初めまして!
ミニベロ乗りのたけとといいます。

141キロってすごいですね。

ほんと自販機には助けられますね。
2012/08/29(水) 20:56:37 | URL |  たけと #OARS9n6I[ 編集]
たけとさんこんにちは。

距離はともかく、平均勾配11%を4.3km延々と登る風張林道のきつさといったら…。

自販機は、登りはじめ地点近くにあって良かったのですが、バックポケットにもう一本入れておくべきでした。
登り始め開始地点ですでにボトルが半分になっていたので、登っている途中にボトルが空になって水が欲しくてたまらなくなっていました。
2012/08/30(木) 17:58:55 | URL | さとぴー #hUkZrTsw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する