さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

半袖ジャージの下に長袖アンダー

先日の足柄峠、長尾峠、強羅に着ていったウェア。
半袖ジャージ+長袖アンダー、レーパン+レッグウォーマ。

最高気温27℃、最低気温15℃。
27℃では暑くて大変なのでは?と思いながら出かけましたが大丈夫でした。

パールイズミ フィットロングスリーブライト

2010年から半袖ジャージと組み合わせて着ているパールイズミ フィットロングスリーブライト。

ポリエステル85% ポリウレタン15%

ポリエステル85%、ポリウレタン15%。
ポリウレタンは加水分解するので、着なくても劣化。

アーム ウォーマ PEARL IZUMI

定価3,465円。

アタカル アンダー PEARL IZUMI

定価3,675円。2012年モデル新作。
(フィットロングスリーブライトは現在廃盤)

アームカバーを使う場合は、半袖ジャージの下が夏用アンダーでは寒いので、ジオラインL.W.の半袖も必要になりそうです。

ジオラインL.Wは風を通すので、半袖ジャージの下から長袖アンダーを出す使い方には不向き。
181ヒートテックセンサーでは暑すぎ。しかし、本格的に寒くなってきたらジオラインL.W.と181ヒートテックセンサーで走るので、フィットロングスリーブライトは着る機会がありません。

アームウォーマーやレッグウォーマで走る期間は一ヶ月ぐらいなので、私の場合は使って年に5回ぐらい。
すでに手元にあるので使っていますが、新規購入するには、コスパがあまり良くないですね。


寒くなって来たので、明日は長袖ジャージ+(モンベル)mont‐bell ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men’s 1107486で走る予定。
最低気温10℃、最高気温20℃。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する