さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

体重を落としたくて白い粉に手を出した

ペダル、シューズ、ヘルメット、サドル、ソックスを軽量化。
400gほど軽くなりました。

しかし体重は増加。2014年の健康診断で59.5kgだったのに67Kgに。

考えられる原因。

肉が安いスーパーができて、肉料理が多くなった。
一パックのサイズが大きく、痛まないうちに消費しようとたくさん食べた。
豚しゃぶにカロリーが高いごまドレッシング。

そしてカレー粉。

S&B カレー粉 S&B カレー粉

真ん中の小麦粉入りのカレー粉を炒め物に大量にいれて味付け。

左は小麦粉が入っていないスパイスだけのカレー粉ですが、炒め物の味付けに使うと野菜がパサパサして辛味だけが残り…。
右の、S&B 料理用カレー ( 58g )なら、それほどたくさん使わなくてもカレーの風味と香りを付ける事ができるんですけどね。

肉と調味料で太ってしまった!と結論づけたいところですが、忘れてはならないが業務スーパーの牛乳パックサイズの水ようかん。6人分なのにペロっとたいらげ…。

あわてて、食事を見直しましたが体重が減りません。

難消化性デキストリン

ならば…と難消化性デキストリン

食後の血糖値の上昇を穏やかにするトクホ飲料に入っている水溶性食物繊維です。

山佳化成 ワンタッチシュガーポット

山佳化成 ワンタッチシュガーポットに難消化性デキストリン。
傾けるだけで一定量の難消化性デキストリンがでてきます。

容器の半分以下に留めないと詰まってしまうので、入れすぎに注意。

スクリュートップキーパー1500ml ワンタッチシュガーポット

スクリュートップキーパー 1500ml 深型に入れ、そこからシュガーポットに。
難消化性デキストリンの袋から直接シュガーポットに詰めてもいいんでしょうけどね。

難消化性デキストリン摂取開始から20日経過。

体重67.0kg→65.5kg。1.5kg減りました。

ジップロック フリーザーバッグで小分けして肉の消費量を抑えたり、油を使った料理を減らしたりもしているので、食生活全般を改善した結果なのかもしれませんが。

はくばく もち麦ごはん

食物繊維が玄米の4倍、はくばく もち麦ごはん

すでに雑穀ごはんに切り替えていましたが、もち麦のほうが体重が落ちるようなので、これから…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL

体重を落としたくて白い粉に手を出したへのトラックバック