さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツそのほかを購入

mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's
mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's

mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ

ほとんど乗っていないので、ウェアにお金をかけても…と思っていましたが、色となんとなくスタンリー・キューブリックの作品にでてきそうなデザインにひかれて買いました。

おそらく、ダボッとしていてあまりタイトじゃない筈。
シンプルなデザインだし、普段着にしたっていいんじゃないか…と思って買いましたが…。
思っていたよりタイトでした。

身長168cm、体重62kg。
ロードバイクで日々鍛えている人からすると何その重量級という状態ですが…。
Mサイズを着た限りでは、パールイズミのタイトフィットのジャージとほとんど変わらないような気がしました。

このあたりの評価の厳しい方が見れば、これでもゆったりしすぎているのかもしれませんが、mont-bellもそれなりに考えて対応しているのではないでしょうか。

パールイズミを基準にして考えると、質に比べて価格が半分…とまでいかないまでもかなり安く、SHIMANOの廉価な価格帯のサイクルジャージよりはいい…と思いました。

mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's

脇のメッシュ。

通気性が期待できますね。

mont-bell サイクール ショートスリーブジップシャツ Men's

背面。天井のシーリングライトの光が透けて見えています。

背面から熱を逃がすために工夫しましたというSHIMANOやパールイズミのウェアのベンチレーションの箇所の生地と同じぐらい透けてます。

背面全体から熱を逃してくれるんじゃないか、という期待ができますね。

mont-bell サイクール フィンガーレスグローブ mont-bell サイクール フィンガーレスグローブ

mont-bell サイクール フィンガーレスグローブ

10年前のフィンガーレスグローブのほうが好みなのですが、もう作っていないので…。
古いグローブを擦り切れてもまだ使っているのですが…。
こちらも買ってしまいました。
1世代前のフィンガーレスグローブはデザインがどうにも気に入らなくて買わなかったのですが、今回のものはなんとか。

再帰反射材の面積も広くていいですね。

中指と薬指部分の片面が長いのは、グローブを外す時につかんでひっぱるため…のようです。

mont-bell サイクール フィンガーレスグローブ

パッドはこんな感じ。
親指と人差し指の間にもパッドが入っていて、ロードバイクのSTIを持った時の事も考えて作られているんでしょうね。

mont-bell ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ

mont-bell ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ

前に買ったものがまだ使えるので、すぐには使いません。

峠の登坂で発熱量が多い時に、汗がどうしても目に入ってしまうという方が知っている範囲で数名…。
バンダナタイプのヘルメット用インナーを使ってもダメな時はダメなようです。

では、この中途半端に帽子のツバがついたようなこのキャップはというと…。
夏の和田TTで確認した限りでは、汗がたまってしたたり落ちる時、キャップのツバの先端に一度たまってから落ちるようで…。
結果的に目に汗が入らないようのです。

目に汗が入って困った…という事がこのキャップを使ってきた数年の経験の範囲からは無いわけで、mont-bellがそこを計算した結果なのか偶然なのかはわかりませんが、見た目はどうなのかな…という感じですが、きわめて実用的な製品なんだろうな…と。

PEARL IZUMI 401 サイクル アームカバー

PEARL IZUMI 401 サイクル アームカバー

サイクルジャージは、MじゃなくてLのほうがもしかしたら…という体型ですが、腕が細いので、アームカバーはSサイズです。

ややタイトになりますが、Mだとずり落ちてくるのでSサイズ。
他のメーカーのアームカバーも使ってみましたが、アームカバーとレーパンだけはパールイズミですね…。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する