さとぴーの選択範囲

ロードバイクと日々の記録。

やっとのおもいで足柄峠を越えたと思ったら尺里峠もおまけでついてきた

くまさんと足柄峠に行って来ました。

前回と同じく、くまさんは、30年の眠りから目覚めたブリヂストン レイダック RD-3000。

こちらも、同じブリヂストンのRNC7。レイダック RD-3000はアルミですが、見た目はどうみてもクロモリです。
まだ、アルミが使われ始めて間もない頃のロードバイクだからなんでしょうね。

足柄峠

足柄峠をなんとか足をつかないで登ったよ…という。
あと少しで駐車場…と思ったら見晴台バス停…まだ先なのに脚が終わってます…という状態でした。
でも、その先の14%をなんとか越えて頂上へ。

あまりにも時間がかかっているので、くまさんが下って来てくれました。
すでに、ほぼ頂上近くでしたが…。

過去の自分が自転車のポジション出しをしてくれているのと、バイシクルライディングブックのおかげでペダリングの仕方がある程度わかっているので、体力がここまで落ちていても何とかなりました。

これだけしか登れなかったと考えることもできますが、長い間乗っていなかったにもかかわらず、足柄峠まで行くことができた…とポジティブに考えてもいいのかもしれません。

それもこれも、さそってくれなかったら行かなかったと思うので、声をかけていただけた事にとても感謝しています。

山北町 山北町

山北町に、チャリカフェのような食事処が…。
バイクラックも設置されていました。
なぜか、ほんのちょっと、ラックの位置が高い…。

そういえば、ここって学校へいく峠があるんでしたっけ?とくまさん。
え?これから?
と思いましがが、道案内をしながら尺里峠へ。

旧高松分校によると時間がかかるので、つづら折れの道の写真だけ撮って…と思ったら、あれ~。
左に曲がる分岐のところまで登っいました。
あのつづら折れがわからなくなるぐらい、いっぱいいっぱいだった…のかもしれません。

尺里峠

尺里峠。頂上で写真を撮っても何もありませんが。

帰宅後。
背筋が…、脚が…。
走行中に呼吸が激しく乱れて…といった事は無かったのですが、普段まったくつかっていない筋肉を使うとこうなりますという事なのでしょうね。

でも、陽をあびながら景色のいい道を、自分の脚でめぐる事ができるのは、とても気持ちがよくて楽しいです。

走行時間 9時間24分25秒
走行距離 164.33km
平均速度 17.4km/h
積算距離 51622km

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

やっとのおもいで足柄峠を越えたと思ったら尺里峠もおまけでついてきたへのトラックバック